メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HANSHIN・VIEW

  • ゲンジボタル 宵闇に淡い光跡 川西 /兵庫

     日本一の里山と呼ばれる川西市黒川周辺の小川で、ゲンジボタルが飛び交っている。市によると、今年は春に暖かい日が続き、例年より1週間ほど早い5月下旬から宵闇に淡い…

    (2018年06月10日 14:21)

  • 春の光集め輝く ヒメリュウキンカ 宝塚 /兵庫

     宝塚市内の道ばたで光沢のある鮮やかな黄色い花が輝くように咲き始めた。早春を彩るヒメリュウキンカ(姫立金花)=写真。 欧州やシベリアに分布する多年草。園芸用に日…

    (2018年03月14日 13:20)

  • 春の訪れ告げる ロウバイ見ごろ 宝塚 /兵庫

     宝塚市内の民家の庭先で、ロウバイの花々が甘い香りを漂わせ、青空をバックに咲いていた=写真。 薄黄色の花びらは、ろう細工のような繊細な質感だ。江戸時代に中国から…

    (2018年03月02日 14:15)

  • ツリーともる「待降節」 西宮・関学大 /兵庫

     クリスマスまでの約4週間を「待降節」(Advent=アドベント)とするキリスト教の習慣に合わせ、関西学院大(西宮市上ケ原一番町)で4日、時計台前・中央広場のヒ…

    (2017年12月06日 13:00)

  • ひと仕事終えパクッ! /兵庫

     芦屋市中心部を流れる芦屋川で、シラサギが増水した川に流れてきた魚をパクッ!=写真。同市在住の写真家、長島義明さん(75)が台風が過ぎた後の散歩途中に撮影した二…

    (2017年11月08日 15:40)

  • ブドウ思わせるコムラサキの実 /兵庫

     秋の訪れにあわせ、直径数ミリほどの紫色の実を幾重も付けた植物が、民家の庭先などから顔をのぞかせている。 一般的に「ムラサキシキブ」と呼ばれているが、園芸用に栽…

    (2017年11月03日 15:36)

  • 秋の陽光に透き通る赤 /兵庫

     1.5センチほどの赤く透き通るような楕円(だえん)形の実をつけたサンシュユ(山茱萸)が、秋の陽光に照らされ、きれいだ=写真、宝塚市内で。「アキサンゴ(秋珊瑚(…

    (2017年10月12日 16:42)

  • 宝塚・ネジバナ かれんならせん /兵庫

     空き地の雑草の中、ネジバナ(捩(ねじ)花)がピンク色の5ミリ弱の小さな花々を付け、かれんに咲いている=写真、宝塚市内。 高さ15センチ~40センチの茎の周りに…

    (2017年07月19日 14:59)

  • 南国の赤鮮明 尼崎・ブーゲンビリア /兵庫

     尼崎市の住宅街で、ブーゲンビリアが鮮やかな真っ赤に色づいている。同市西立花町1の峯松洋二さん(77)が約15年前に、知人から譲り受けた鉢植えで育てたもの。今で…

    (2017年06月21日 15:36)

  • ツバメの子育て、今年も 阪急宝塚南口駅 /兵庫

     阪急宝塚南口駅(宝塚市梅野町)の高架下で今年もツバメが子育てに励んでいる=写真。 10年ほど前から同じ場所で子育てしており、今年は5月上旬から親ツバメが卵を温…

    (2017年05月31日 15:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです