メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

  • 「表象」と「代表」/郵政の「格差是正」/官僚制の危機

     混迷する現代の政治、経済、社会の事象を、論壇での議論から識者が読み解く本欄は、今月から新たな執筆陣となった。吉田徹・北海道大教授は、多様性と他者理解が並び立ち…

    (2018年04月24日 02:02)

  • この1年を振り返る

     今年度最後の「時論フォーラム」は、座談会でこの1年間を振り返る。海外は急転直下、米朝が首脳会談へと動きだし、国内では財務省の公文書改ざんなど、年度末まで激動し…

    (2018年03月27日 02:03)

  • 安倍政権5年/不確実な未来/日銀人事

     「月刊 時論フォーラム」は、ジャーナリストの森健さん、遠藤乾・北海道大教授、水野和夫・法政大教授の寄稿が今回で最後となる。2013年4月の第1回からレギュラー…

    (2018年02月27日 02:03)

  • ネオ・ナショナリズム/新しい経済学/角界暴行問題

     韓国政府の慰安婦問題についての日韓合意を巡る動きと日本側の反発など、相変わらず各国のナショナリズムが刺激し合う事態が続いている。現代世界に広がる「ネオ・ナショ…

    (2018年01月23日 02:19)

  • トランプ政権1年/性暴力の顕在化/日本政治の大枠

     ドナルド・トランプ米大統領が1月20日で就任から1年を迎える。エルサレムをイスラエルの首都と認めたり、北朝鮮への強硬姿勢を打ち出したりするなど、超大国のリーダ…

    (2017年12月26日 02:07)

  • 衆院選後の光景/米大統領アジア訪問/所有者不明の土地

     衆院選を経て第4次安倍晋三内閣が発足した。北朝鮮の核問題など「国難」は相変わらずだが、おおむね順調に外交をこなし、支持率も上向いている。にもかかわらず、社会に…

    (2017年11月28日 02:03)

  • カタルーニャ独立問題/消費増税/衆院選の結果

     22日投開票の衆院選は、与党が定数の3分の2超を確保した一方、躍進した立憲民主党と失速した希望の党で野党内の勝敗が分かれた。遠藤乾・北海道大教授は、スペイン・…

    (2017年10月31日 02:05)

  • アベノミクス/民進党/共産党支配

     安倍晋三首相が衆院の解散を表明した。内閣改造からまだ数カ月、野党の選挙準備が整わないうちの総選挙に、疑問も呈されている。北朝鮮の核・ミサイル危機への対応との絡…

    (2017年09月27日 02:02)

  • いびつな政権運営/朝鮮半島情勢/成長戦略

     第3次安倍晋三第3次改造内閣が発足した。学校法人「加計(かけ)学園」の問題などで低迷していた内閣支持率はやや持ち直したが、さまざまな疑惑は放置されたままだ。ジ…

    (2017年08月22日 02:01)

  • 劉暁波氏死去/トランプ政権半年/安倍政権

     中国民主化運動の活動家でノーベル平和賞受賞者、劉暁波(りゅうぎょうは)氏が7月13日に死去した。遠藤乾・北海道大教授が、劉氏の問題を糸口に、中国の台頭に伴う経…

    (2017年7月26日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです