メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震情報

[発表時刻] 2017年4月30日 23時45分 気象庁発表

2017年4月30日23時42分ごろ地震がありました。

[震源地] 日高地方東部など [最大震度] 4 今後の情報に警戒してください。詳細

月刊・時論フォーラム

  • 劣化する英国/行き過ぎ政策の反動/教育勅語問題

     米軍のシリア攻撃、北朝鮮情勢の緊迫といった動きの陰で、イギリスでは下院総選挙が3年前倒しの6月8日実施となった。欧州連合(EU)離脱の動きがより強硬化し、さら…

    (2017年04月25日 02:06)

  • 今年度を振り返る

     今年度最後の「時論フォーラム」は、座談会でこの1年を振り返る。イギリスの欧州連合(EU)離脱国民投票にアメリカでのトランプ大統領誕生と、世界史の転換を物語るか…

    (2017年03月28日 02:53)

  • 「ポピュリズム」を越えて/南スーダンの自衛隊/米トランプ政権

     ドナルド・トランプ米新政権が暴走している。水野和夫・法政大教授は、トランプ現象と昨年英国で行われた欧州連合(EU)離脱の国民投票を並べつつ、16世紀以来の「危…

    (2017年02月28日 02:27)

  • トランプ大統領誕生/JR北海道/格差拡大

     トランプ米新大統領が誕生した。特に今世紀に入って先進各国で出現したポピュリスト型の政治家の究極とでも言うべき大統領は、米国と世界をどう変えるだろうか。ジャーナ…

    (2017年1月25日 02:19)

  • 首相の真珠湾訪問/日本の茶番劇/日露首脳会談

     安倍晋三首相が27日、米国・ハワイの真珠湾でアリゾナ記念館を日本の現職首相として初めて訪れる。初夏のバラク・オバマ米大統領の広島訪問の返礼ともいえ、遠藤乾・北…

    (2016年12月27日 02:22)

  • トランプ氏の米国と世界/沖縄基地問題の今後/国際政治の今後

     米国の次期大統領に、政治経験皆無の大富豪、ドナルド・トランプ氏が決まった。常識を外れた過激な発言を繰り返してきたトランプ氏の当選は、世界にどんな影響を及ぼすの…

    (2016年11月22日 02:15)

  • 小池劇場/二重国籍/GDPの乖離

     東京都中央卸売市場(築地市場)の豊洲移転問題や東京五輪の整備費問題などを巡り、小池百合子都知事の言動に注目が集まっている。小池知事は、どのような戦術で諸問題に…

    (2016年10月25日 02:09)

  • 英国政治の検証構造/日銀の政策転換/障害者報道

     振り返ると誰の目からも大失敗だった政策であっても、意思決定当時、当事者には、他に選択肢がないように見えたり、暴走を止める手段が見当たらなかったりするようだ。遠…

    (2016年9月29日 02:52)

  • 資本主義の行方/天皇の「生前退位」/お気持ち表明

     金融市場が国境を軽々と越える中、貧富の格差は世界的に拡大し、個人の道徳や国家の独立性が揺らいでいる。水野和夫・法政大教授はこうした資本主義の現状を、最新の論考…

    (2016年08月23日 02:31)

  • 参院選「3分の2」/アベノミクス/南シナ海の主権

     10日投開票された参院選は、与党など「改憲勢力」が憲法改正を発議できる3分の2議席を占めた。とはいえ、与党が選挙中、改憲の話を避けたこともあり、有権者に問題へ…

    (2016年07月28日 02:57)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
  4. 神戸山口組 離脱グループが新組織、「任俠団体山口組」で
  5. 特集ワイド 正恩氏は軍事の天才? 「ソウル解放」の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです