メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

  • いびつな政権運営/朝鮮半島情勢/成長戦略

     第3次安倍晋三第3次改造内閣が発足した。学校法人「加計(かけ)学園」の問題などで低迷していた内閣支持率はやや持ち直したが、さまざまな疑惑は放置されたままだ。ジ…

    (2017年08月22日 02:01)

  • 劉暁波氏死去/トランプ政権半年/安倍政権

     中国民主化運動の活動家でノーベル平和賞受賞者、劉暁波(りゅうぎょうは)氏が7月13日に死去した。遠藤乾・北海道大教授が、劉氏の問題を糸口に、中国の台頭に伴う経…

    (2017年7月26日 02:02)

  • 引きこもる米英/前次官報道/日韓関係

     英総選挙の与党敗北、フランス総選挙のマクロン大統領派勝利などで、国際社会の遠心力はいったん弱まったかに見える。他方、米国は「パリ協定」離脱を改めて宣言した。水…

    (2017年06月27日 02:02)

  • 首相改憲発言/マクロン新仏大統領/合理性の限界

     学校法人「森友学園」(大阪市)に続いて岡山市の同「加計学園」の問題と、安倍晋三首相周辺がにぎやかだ。他方で安倍首相は、憲法記念日に改憲への意欲を改めて具体的に…

    (2017年05月23日 03:01)

  • 劣化する英国/行き過ぎ政策の反動/教育勅語問題

     米軍のシリア攻撃、北朝鮮情勢の緊迫といった動きの陰で、イギリスでは下院総選挙が3年前倒しの6月8日実施となった。欧州連合(EU)離脱の動きがより強硬化し、さら…

    (2017年04月25日 02:06)

  • 今年度を振り返る

     今年度最後の「時論フォーラム」は、座談会でこの1年を振り返る。イギリスの欧州連合(EU)離脱国民投票にアメリカでのトランプ大統領誕生と、世界史の転換を物語るか…

    (2017年03月28日 02:53)

  • 「ポピュリズム」を越えて/南スーダンの自衛隊/米トランプ政権

     ドナルド・トランプ米新政権が暴走している。水野和夫・法政大教授は、トランプ現象と昨年英国で行われた欧州連合(EU)離脱の国民投票を並べつつ、16世紀以来の「危…

    (2017年02月28日 02:27)

  • トランプ大統領誕生/JR北海道/格差拡大

     トランプ米新大統領が誕生した。特に今世紀に入って先進各国で出現したポピュリスト型の政治家の究極とでも言うべき大統領は、米国と世界をどう変えるだろうか。ジャーナ…

    (2017年1月25日 02:19)

  • 首相の真珠湾訪問/日本の茶番劇/日露首脳会談

     安倍晋三首相が27日、米国・ハワイの真珠湾でアリゾナ記念館を日本の現職首相として初めて訪れる。初夏のバラク・オバマ米大統領の広島訪問の返礼ともいえ、遠藤乾・北…

    (2016年12月27日 02:22)

  • トランプ氏の米国と世界/沖縄基地問題の今後/国際政治の今後

     米国の次期大統領に、政治経験皆無の大富豪、ドナルド・トランプ氏が決まった。常識を外れた過激な発言を繰り返してきたトランプ氏の当選は、世界にどんな影響を及ぼすの…

    (2016年11月22日 02:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水説 学校に行きたくない=中村秀明
  2. 余録 「歩道は恐ろしい。だから車道を通る…
  3. 難病 母が一念発起「超重症児」の入浴法研究 学会で発表
  4. 北朝鮮 覚醒剤まん延 輸出締め付けられ、国内密売 エリート層、製造・元売り
  5. 夏の高校野球 NHKが生中継できず 中村の本塁打瞬間

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです