メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

  • 社民政党の衰退/自動車課税の対立/京大吉田寮退去通告

     欧州で社会民主主義政党の退潮、ポピュリズム政党の台頭が続く。吉田徹氏はその実態を踏まえ社民主義の課題を論じた。井手英策氏は自動車課税に関連して公正な税負担のあ…

    (2018年11月01日 02:01)

  • 大学統治/現代の進化論/リーマン10年

     文部科学省や各大学で不祥事が噴出している。一見バラバラにみえる事象だ。しかし石原俊氏は、通底する問題としてアカデミズムにおける統治のあり方を指摘した。吉田徹氏…

    (2018年09月25日 02:05)

  • 相互扶助と市場/沖縄・女性の貧困/国際秩序の維持

     政府は雇用者の増加や失業率の低下など、「アベノミクス」の成果を強調する。経済の状態をみる上でいくつかの指標は重要だが、絶対視すべきではない。井手英策氏は、国内…

    (2018年8月28日 02:03)

  • ナショナリズム/小田原市の生活保護改革/性暴力・性差別

     論壇のオピニオンリーダーが現代の諸問題を読み解く本欄で、今回メインの吉田徹・北海道大教授は、最近話題を集めた人気バンドの楽曲と映画を題材に、現代におけるナショ…

    (2018年7月24日 02:03)

  • 小笠原諸島返還50年/実質的移民国家/医療費助成

     今回のメインは石原俊・明治学院大教授。明治に改元されて150年の今年、明治政府による対小笠原諸島や北海道、沖縄政策に光を当てることで、今日なお残る負の遺産を浮…

    (2018年06月26日 02:02)

  • 日銀の金緩緩和/朝鮮半島情勢

     政治と経済、外交。国際社会はいずれも画期を迎えている。識者が論壇での現代社会を読み解く本欄では今月、井手英策・慶応大教授がアベノミクスの下で進む金融政策と19…

    (2018年05月22日 02:04)

  • 「表象」と「代表」/郵政の「格差是正」/官僚制の危機

     混迷する現代の政治、経済、社会の事象を、論壇での議論から識者が読み解く本欄は、今月から新たな執筆陣となった。吉田徹・北海道大教授は、多様性と他者理解が並び立ち…

    (2018年04月24日 02:02)

  • この1年を振り返る

     今年度最後の「時論フォーラム」は、座談会でこの1年間を振り返る。海外は急転直下、米朝が首脳会談へと動きだし、国内では財務省の公文書改ざんなど、年度末まで激動し…

    (2018年03月27日 02:03)

  • 安倍政権5年/不確実な未来/日銀人事

     「月刊 時論フォーラム」は、ジャーナリストの森健さん、遠藤乾・北海道大教授、水野和夫・法政大教授の寄稿が今回で最後となる。2013年4月の第1回からレギュラー…

    (2018年02月27日 02:03)

  • ネオ・ナショナリズム/新しい経済学/角界暴行問題

     韓国政府の慰安婦問題についての日韓合意を巡る動きと日本側の反発など、相変わらず各国のナショナリズムが刺激し合う事態が続いている。現代世界に広がる「ネオ・ナショ…

    (2018年01月23日 02:19)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです