メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

  • 教員の働き方 /神奈川

     約4割が過労死ライン--。先日、横浜市主催の「教職員の働き方改革フォーラム」を取材した。そこで特に気になったのが、昨年度実施されたという教員の働き方実態調査だ…

    (2019年3月10日 12:49)

  • 日本で暮らす外国人 /神奈川

     「子どもたちは今も昔も一生懸命、日本語を勉強し、日本で懸命に生きていこうとしています」。県内に住む外国人の暮らしぶりが平成の30年間でどう変わったのかを取材し…

    (2019年2月24日 12:55)

  • 地方議員「なり手不足」 /神奈川

     春の統一地方選が近づいてきた。選挙前に毎度のように取材するテーマが地方議員の「なり手不足」だ。議員という特権のある立場で郷土の発展に寄与したい、そう思う若人は…

    (2019年2月17日 12:00)

  • 心に響く「声」の応援 /神奈川

     2017年のプロ野球・日本シリーズ。横浜スタジアムのベイスターズファンが一斉に筒香嘉智選手の応援歌を歌った。地鳴りのような響きに驚かされたことを今も覚えている…

    (2019年2月3日 12:43)

  • 危険運転なくなる年に /神奈川

     大井町の東名高速であおり運転で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて夫婦が死亡した事故は、昨年12月に横浜地裁で裁判員裁判が行われた。夫婦の長女(…

    (2019年1月20日 12:10)

  • 外国人と暮らすために /神奈川

     「我々は労働力を呼んだが、やってきたのは人間だった」。スイスの作家、マックス・フリッシュの50年以上前の言葉だ。スイスは1960年ごろから、多くの外国人、特に…

    (2018年12月23日 11:44)

  • 「自滅」の言葉胸を刺す /神奈川

     「自滅だな」。10月に山梨県で開かれた秋季関東地区高校野球大会で県勢の学校の試合を取材中、相手校のベンチからこんな一言が聞こえてきた。県勢校のエースは立ち上が…

    (2018年12月16日 13:14)

  • 摩擦の解消 遅滞なく /神奈川

     日米合同委員会が先月、米軍の池子住宅地区の横浜市域での追加住宅建設を中止し、根岸住宅地区が無条件で返還されることで合意した。合意内容を報じ、解決に要した時間の…

    (2018年12月2日 12:52)

  • 結婚トレンド調査 /神奈川

     電子招待状にネット決済のご祝儀--。結婚情報誌「ゼクシィ」が先月まとめた「結婚トレンド調査」は、そんな最新の結婚式スタイルを紹介している。 ゼクシィ首都圏の平…

    (2018年11月25日 12:51)

  • 就活新ルール柔軟に /神奈川

     学生の就活ルールについて、経団連が先月、企業の面接などの選考を「4年生の6月」解禁などと定めた現行指針を廃止することを決めた。2021年春入社以降、新たなルー…

    (2018年11月11日 12:28)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです