メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

  • 家族が継ぐ戦争体験 /神奈川

     過去の過ちは忘れ易(やす)いものだ。こうした過去がなければ現在はない。苦難の積み重ねであった歴史の一頁でもある--。戦時中、病院船に改装された氷川丸に海兵とし…

    (2018年6月17日 11:47)

  • スポーツマンシップとは /神奈川

     アメリカンフットボールの定期戦で日大の守備選手が悪質な反則タックルで関学大選手を負傷させた問題の報道が続いた5月。現象面だけを捉えると、スポーツマンシップとは…

    (2018年5月29日 12:36)

  • 高齢者守る対策を /神奈川

     川崎市川崎区日進町の簡易宿泊所(簡宿)2棟が全焼し利用者11人が死亡した火災は、17日で3年を迎えた。取材で歩いた簡宿街には今も古い木造の宿が20軒ほど建ち並…

    (2018年5月20日 12:23)

  • 法廷という場 /神奈川

     4月から司法担当になり、裁判を傍聴する機会が増えた。法廷に入ると、学生の時に初めて傍聴した時のことを思い出す。東京都港区で2006年に起きたシンドラーエレベー…

    (2018年5月13日 11:43)

  • 「ひいくん」 /神奈川

     先月「ひいくんのあるく町」というドキュメンタリー映画について、紙面で紹介した。青柳拓監督(24)が日本映画大学(川崎市麻生区)の2016年度の卒業制作としてつ…

    (2018年4月29日 13:23)

  • トゥレットを知って /神奈川

     「変なものを見るかのような視線はぐさっとくる。でも、しょうがない。慣れれば耐えられる」。先日、トゥレット症候群をもつ相模原市の男子大学生(18)を取材した時、…

    (2018年4月22日 13:21)

  • 球児から教わったこと /神奈川

     記者になって1年目が瞬く間に過ぎた。事件や事故に加え、多くの取材機会に恵まれたのが高校野球。次に追われて多くが一度きりになってしまいがちな取材活動の中、右も左…

    (2018年4月15日 12:41)

  • 絆取り戻す復興支援を /神奈川

     3月、東日本大震災の被災地を訪れた。真新しい災害公営住宅を見て7年の歳月を実感する半面、仮設住宅で触れた住民たちの絆のぬくもりが忘れられない。 宮城県名取市の…

    (2018年4月8日 13:28)

  • 高校野球の記憶 /神奈川

     甲子園ではセンバツが真っ盛り。3年前、山口支局の高校野球担当記者として連日グラウンドに通ったことを思い出す。「体験記」と題して選手と同じトレーニングをこなし宿…

    (2018年4月1日 13:22)

  • 伝えたい思い /神奈川

     今春、記者になって3年目を迎える。この2年を振り返ると、悲しい事件の直後に遺族のもとに駆けつけ、後日、話をしてもらったことが何度かあった。 そんな時、今でも迷…

    (2018年3月25日 10:33)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 論点 日大アメフット部問題
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです