メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

  • サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

     26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」 「試…

  • サッカー 壮快、サイドアタッカー=斉藤雅春

     J1柏の快速FW、伊東純也(24)のプレーはなかなか壮快だ。 主戦場は右サイド。スピードを生かしたドリブルでDFを瞬時に抜き去り、クロスを上げ、好機を作り出す…

  • サッカー 元気なベテラン監督=斉藤雅春

     70代というとどのようなイメージが浮かぶのだろう。サラリーマンだったら退職して10年前後は過ぎている。孫の成長を楽しみにしながら、趣味の一つでもといったところ…

  • サッカー 欧州遠征、悩めるハリル=斉藤雅春

     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の旅はしばらく続きそうだ。旅といっても、一時期はやった自分探しのそれではない。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え…

  • サッカー もろさ露呈、不安なW杯=斉藤雅春

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、サッカー日本代表のスタートとなったキリンチャレンジカップ(6日・ニュージーランド戦、10日・ハイチ戦)は、不安を感じさ…

  • サッカー 加茂氏、プロ化への功績=斉藤雅春

     1980年代後半、日本サッカーは人気、実力共に低迷していた。68年のメキシコ大会を最後にオリンピックには出場できず、日本リーグでは閑古鳥が鳴いた。ワールドカッ…

  • サッカー 移籍市場、止まらぬ高騰=斉藤雅春

     サッカーのブラジル代表FWネイマールが、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に5年契約で移籍した。バルセロナに払われる移籍金は、史上最高の2億2200…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです