メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届

村井幸子の変じゃありません?

  • 絵文字中毒の末路 /石川

     平成最後の世に流行(はや)るもの。それは絵文字。猫も杓子(しゃくし)も絵文字中毒といってもいいくらいの大流行である。 絵文字とはモノやコトを絵で表した記号のこ…

    (2018年8月23日 14:47)

  • ぜんぶ、不自然 /石川

     6月28日から7月8日にかけて降り続け、生活をズタズタに切り裂いた西日本豪雨(気象庁の命名は「平成30年7月豪雨」)。テレビが報じる惨状を息を詰めて見ているう…

    (2018年7月27日 14:49)

  • わが子は商品か? /石川

     子どものキラキラネームが止まらない。 何のこと? といぶかる方に私なりに説明すると、「子どもに命名する際、まず読み方を決め、それに漢字を当てはめる。漢字読みの…

    (2018年5月24日 14:32)

  • 報道が救った米国の良心 /石川

     「情勢は満足のいく進歩を遂げている」 1966年、戦地ベトナムの視察を終え帰国したマクナマラ国防長官が飛行機のタラップに立ち、笑みを浮かべて記者団に答えたシー…

    (2018年4月26日 16:28)

  • ないことにされた「いじめ」 /石川

     桃の節句の今月3日、両親と一緒に茶房に現われたA子は眩(まぶ)しいほど輝いていた。高校を卒業したのだという。あれから6年。深刻ないじめから立ち直っていたのだ。…

    (2018年3月23日 14:34)

  • 時代を手渡す纏り縫い /石川

     はてさて「纏り縫い」とは? と思われる方が多いのではなかろうか。 「まつりぬい」と読む。2010年に国が示した常用漢字2136字の中にはないので、読めなくても…

    (2018年2月22日 15:11)

  • 言葉から“生命”が消えた /石川

     21日、西部邁さんが逝った。78歳。東京・多摩川での入水自殺だった。 訃報に接して真っ先に思ったのは「思想で自死した最後の人」ということだった。同時に「これで…

    (2018年1月25日 15:39)

  • 「カタカナ」の陰謀 /石川

     日本在住の米国詩人、アーサー・ビナードさん(50)の記事を読んで吹き出してしまった。 「区役所でホワッツ・ユア・マイナンバー(あなたの私のナンバーは何番?)っ…

    (2017年12月28日 14:01)

  • この国はアベだらけ /石川

     「こんなことをしてたらあんた、次の選挙では落ちるかもしれんよ」 18日、金沢市内で行われた家庭ごみ有料化の説明会に出ていた山野之義・金沢市長にとってこの言葉は…

    (2017年11月23日 14:51)

  • これ以上、何を望むのか /石川

     彼の言葉に私は別に驚かなかった。 「困難なことをやっているのは分かる。でも、もうちょっと音楽を楽しんでいる余裕というか雰囲気がほしいよね。全体に暗い印象なんだ…

    (2017年10月26日 14:55)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです