メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

  • 染織芸術としての着物=外舘和子

     毎年4月、文化庁などが後援し、日本橋三越の催事場で大々的に開催される東日本伝統工芸展は、過日の緊急事態宣言を受け中止となった。だが幸いにも約2カ月後、会場の三…

  • 友禅のアバンギャルド=外舘和子

     友禅は図案に始まり、下図、下絵、糊置(のりおき)(模様の線を糊でなぞってマスキングし、白い線に抜くための工程)、色挿(いろさし)など複雑な工程を必要とし、かつ…

  • 「彫刻」vs.「工芸」=外舘和子

     美大は卒業・修了制作展講評の季節。多摩美のほか京都、沖縄など各地の大学で、工芸全体もしくは陶磁、ガラスなど、領域を特化して講評してきた。気になるのは、他の専攻…

  • 複数公募で世界観鮮明に=外舘和子

     筆者が2度目の審査員を務めた韓国国際陶磁ビエンナーレ(KICB)が韓国・利川世界陶磁センターで開催中(5月31日まで)だ。10回目を迎えた同展は今回さまざまな…

  • アジアの漆熱と日台交流=外舘和子

     近年、漆芸の国際的な催事が加速度的に増えている。殊にアジアの漆熱は格別で、今年も昨年に続き、台湾に招聘(しょうへい)された。国立台湾工芸研究発展センター主催「…

  • ガラスに本格的な物語性=外舘和子

     第4回金沢・世界工芸トリエンナーレで最終の審査を終えた。事務局は11月10日から始まる金沢21世紀美術館市民ギャラリーでの展示に向けて準備中である。世界35の…

  • 14年続いた国際巡回展=外舘和子

     国際交流基金からの依頼で監修し、図録を執筆した工芸展「手仕事のかたち-伝統と手わざ-」が、2005年から世界43カ国82会場を巡回し、19年3月に最終会場の香…

  • 公募展審査の基準=外舘和子

     日本は団体展大国であり、公募展大国である。私自身もこの十数年、年に5回以上は様々な審査の場を経験している。近年は、団体展も所属作家による内輪の審査でなく、外部…

  • 未来を<つくる>美術館=外舘和子

     鳥取県が2024年度の開館を目指し、倉吉市に新美術館を準備中である。同県では自然・歴史・民俗・美術の全てを扱う県立博物館が1972年に開館し、工芸関係では白磁…

  • 彫刻家自ら鋳造と格闘=外舘和子

     昨年、ローマのクロチェッティ美術館と筑波大で「日伊ブロンズ彫刻家交流展」が開催された。会場には自ら鋳造に携わる作家ならではの、繊細な鋳肌を持つ作品や、鋳造時に…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 「香港に自由を」 市民ら200人国会前でデモ 日本政府に適切な対応求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです