メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

  • 今日のお題 三味線栗毛(東京・大手町)

     ◇骨相に そんたくなし お殿様が出てくる落語は少なくないが、実在した姫路藩主の酒井雅楽頭(うたのかみ)の名前で登場するのが落語「三味線栗毛」。その雅楽頭の屋敷…

    (2018年03月24日 02:06)

  • 今日のお題 武助馬(東京都中央区)

     ◇脚には脚の苦労と喜び 俳優の苦心譚(たん)や素人芝居が題材になるなど、浅からぬ落語と歌舞伎の縁。落語「武助馬(ぶすけうま)」も、歌舞伎の世界にあこがれて飛び…

    (2018年02月24日 02:06)

  • 今日のお題 高田馬場(東京都新宿区)

     ◇敵討ちをちゃっかり商売に 赤穂浪士四十七士の一人、堀部安兵衛が決闘の助太刀をした場として名高い高田馬場(今の東京都新宿区西早稲田3)。落語「高田馬場」の舞台…

    (2018年01月27日 02:02)

  • 今日のお題 鼠穴(東京・深川蛤町)

     ◇悪夢誘う火事への恐れ 火事が多かった江戸の町。それだけに火事がモチーフとなった落語も少なくない。人情噺(ばなし)の名作「鼠穴(ねずみあな)」もその一つ。噺に…

    (2017年11月25日 02:06)

  • 今日のお題 景清(東京・赤坂)

     ◇人間浮かぶ霊験譚 目の見えない人の目が開く。観音様の霊験譚(れいげんたん)とも言うべき落語が「景清(かげきよ)」。タイトルは多くの伝説を持つ平家の侍大将悪七…

    (2017年10月28日 02:04)

  • 今日のお題 ねずみ(仙台市)

     ◇歴史伝える猫のような「虎」 全国各地に伝承が残る名工左(ひだり)甚五郎は、講談や落語でもおなじみのキャラクター。奥州は仙台が舞台の「ねずみ」もその一つ。甚五…

    (2017年09月23日 02:04)

  • 今日のお題 中村仲蔵(東京・柳嶋)

     ◇ひらめきは雨の中で 落語と歌舞伎の縁は深い。中でも人気が高いのが、歌舞伎俳優の初代中村仲蔵の芸談物である落語「中村仲蔵」。舞台となる柳嶋の妙見さま(法性寺、…

    (2017年08月26日 02:02)

  • 今日のお題 提灯屋(東京・駒形)

     ◇「タダ」は魔の響き 新装開店したばかりの提灯(ちょうちん)屋をめぐる騒動を描くのが落語「提灯屋」。提灯に縁の深い落語家の春風亭一之輔さんが、東京・駒形の老舗…

    (2017年07月22日 02:02)

  • 今日のお題 黄金餅(東京・上野~麻布)/下

     ◇やっぱり、くたびれた 落語「黄金餅」に描かれる、下谷(したや)山崎町(今の東京都台東区北上野1、東上野4あたり)から、麻布絶口釜無(ぜっこうかまなし)村の木…

    (2017年06月24日 02:03)

  • 今日のお題 黄金餅(東京・上野~麻布)/上

     ◇昔の人は健脚でした うららかな陽気に誘われて、思い立ったのが落語「黄金餅(こがねもち)」の葬礼道中をたどるプチトリップ。下谷(したや)山崎町(今の東京都台東…

    (2017年05月27日 02:26)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです