メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

  • 「人間の盾」IS最後の抵抗 イラク国境の街、攻略難航

     【カイロ篠田航一】シリア東部で過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を続けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、IS戦闘員が最終拠点として立…

    (2019年02月20日 03:31)

  • IS、「人間の盾」で抗戦 シリア民主軍がバグズへ攻勢

     【カイロ篠田航一】シリア東部で過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を続けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、IS戦闘員が最終拠点として立…

    (2019年2月19日 17:26)

  • 「IS支配地域消滅」 米大統領発表へ

     【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は16日にも、過激派組織「イスラム国」(IS)のシリアでの支配地域が消滅したとする発表を行う見通しだ。2014年9月から…

    (2019年2月17日 02:22)

  • IS制圧へ最終作戦 米軍支援の部隊

     【カイロ共同】シリアで米軍と協調し、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を続けてきた「シリア民主軍」(SDF)は9日、シリアに残るIS拠点の壊滅に向け「…

    (2019年2月11日 02:40)

  • シリアでIS掃討最終作戦 米軍支援の部隊

     シリアで米軍と協調し、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を続けてきた「シリア民主軍」(SDF)は9日、シリアに残るIS拠点の壊滅に向け「最終作戦」を開…

    (2019年2月10日 23:18)

  • 米撤収、クルド苦境 後ろ盾失い アサド政権に接近

     【カイロ篠田航一】トランプ米大統領が、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いを続けてきたシリアからの米軍撤収を決めたことで、米国の武器支援を受けてきた少数民…

    (2018年12月30日 02:11)

  • 北部でガス弾使用か 国営通信報道

     【ベイルート共同】シリアの国営通信によると、北部アレッポに24日夜、ガス弾が撃ち込まれ、市民107人が呼吸困難の症状で治療を受けた。「テロ組織の犯行」で、塩素…

    (2018年11月26日 03:17)

  • 北部アレッポでガス弾か 100人超被害の報道

     シリアの国営通信によると、北部アレッポに24日夜、ガス弾が撃ち込まれ、市民107人が呼吸困難の症状で治療を受けた。「テロ組織の犯行」で、塩素ガスが使用された可…

    (2018年11月25日 22:46)

  • 「イドリブ停戦維持」 独仏含む4首脳合意

     【エルサレム高橋宗男、モスクワ大前仁】ロシア、トルコ、ドイツ、フランスの4カ国首脳は27日、トルコ・イスタンブールで内戦が続くシリア情勢などを巡って協議した。…

    (2018年10月29日 02:46)

  • 安田さん拘束のイドリブ 反体制派・最後のとりで

     【カイロ篠田航一】フリージャーナリストの安田純平さん(44)は、シリア反体制派が拠点とするシリア北西部イドリブ県で武装勢力に拘束されていたとみられている。20…

    (2018年10月24日 12:13)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです