メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥前評論

  • これも一局 /佐賀

     先日、将棋の王将戦第6局が上峰町であった。新型コロナウイルスの影響で、恒例の前夜祭や大盤解説が中止となり寂しかったが、対局は終始激しい戦いで、さすがにいま最も…

  • 佐賀の道 /佐賀

     散歩が好きで、佐賀の道はずいぶん歩いた。といってもそれほど根性の入ったウオーカーでもないので、せいぜい市中心部の半径1、2キロの範囲なのだが。 佐賀は車が「ゼ…

  • アートたりうる論議を /佐賀

     県長寿社会振興財団の「ゆめさが大学」講師を昨年暮れに3回務めた。テーマは「時事問題」で、60~80代の会員計約150人が参加。取材の裏話や失敗談など話はしばし…

  • 「まさか」に潜む危険 /佐賀

     目の前の道路は茶色く濁った水が覆っていた。どれほどの深さか正確には分からないが、大したことはないだろう。カメラを胸に抱え、冠水した道路を歩き始めた。 豪雨の際…

  • 広げよう「楽しい農業」 /佐賀

     日の出とともに畑で汗を流し、帰ってコップ酒をきゅーっとあおって朝飯を食べ、ひと寝入りする。親戚のおじさんの農業者としての一日はこうして始まるのだった。 私が子…

  • ある選挙屋の嘆き /佐賀

     「選挙プランナー」とか「選挙屋」と呼ばれる人たちがいる。国政、地方選を問わず、陣営から報酬を受け候補者のイメージ戦略や集票活動を指揮する。横文字の部分は「コン…

  • 有田に吹く風 /佐賀

     久しぶりに有田町へ行ってきた。以前、お隣の長崎県・佐世保に赴任していた頃はよく訪ねたものである。深川製磁の皿や源右衛門窯の湯飲みなど今も愛用している焼き物は少…

  • 「随友」が集う /佐賀

     「先生、私のば読んで『ムカーッてきた』て言いなったですもんね」。1日に北九州市のホテルで開かれた第18回毎日はがき随筆大賞の発表・表彰式。佐賀・毎日はがき随筆…

  • 遊び心を持って /佐賀

     中学校の教育現場を描くルポルタージュを連載していた頃、先生に「授業してみませんか」と誘われた。教員免許も持たないド素人ですがと腰が引けそうになったが、これもネ…

  • 佐賀の空 /佐賀

     「空が広い」。佐賀に移り住んだ多くの人の第一印象がこれでしょう。いにしえより米どころとして栄えた佐賀平野が広がり、市街地でも高層建築物が少ないため見通しが良く…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです