メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふじのくに通信

  • 単身生活の気づき /静岡

     「媒体の読み方を扱った書籍として、異例の売れ行き」と筑摩書房の吉沢麻衣子さんは話す。その書籍とは、静岡高OBで明治大教授の斎藤孝さんの近著「新聞力」(ちくまプ…

    (2017年3月20日 15:13)

  • 再び「希望」を探して /静岡

     オバマ米前大統領ら世界の政治家は政治参加や民主主義そのものを「希望」という言葉を使って演説で高らかにうたうが、県内の市長らは「希望」を抽象的な「夢」に近い言葉…

    (2017年3月13日 10:58)

  • 球児を支える /静岡

     専門店でジョギングシューズを購入した際、足の大きさや形、フォームをチェックしてもらった。「O脚で、ドタバタと走っている。痛みが絶えなかったでしょう」と指摘され…

    (2017年2月27日 10:41)

  • 「幸せ者」の元レーサー /静岡

     レーサーの浮谷(うきや)東次郎は1957年、中学3年で千葉県市川-大阪を50CCバイクで走破。沼津の海にも立ち寄った。「どうだろうこの広大な景色は。ぐっとくい…

    (2017年2月20日 10:41)

  • テレビの父と次世代 /静岡

     帰宅すると、まずテレビのスイッチを入れる人も多いだろう。内閣府によると、1世帯(2人以上)が保有する主要耐久消費財は、乗用車やパソコンが各1・3台に対し、テレ…

    (2016年12月19日 11:12)

  • 鮮明な映像があれば /静岡

     伊東市での干物店強盗殺人事件で、静岡地裁沼津支部は死刑判決を下した。被告は一貫して無実を主張している。無実の罪で死刑になったら大変なこと。そこで判決文を改めて…

    (2016年12月5日 12:48)

  • 夢を追う /静岡

     NHK交響楽団コンサートマスターを務めたバイオリニスト、徳永二男さんは今年で楽団生活50年を迎えた。その記念演奏会は、皇后さまが鑑賞されるほどのスターである。…

    (2016年11月28日 10:41)

  • 市長選と大統領選 /静岡

     政治経験がない。従来の政治への不満の受け皿。予想外の大勝。 大沼明穂・沼津市長とドナルド・トランプ次期米大統領との類似点だ。そう言えば髪形も少し似ている、かも…

    (2016年11月21日 13:14)

  • 静岡は雨の都? /静岡

     科学分野を長く取材してきた。原稿作成でよく扱うのが実験や観測などのデータである。説得力を持つが、どれを扱うかで見方が変わる。最近、そんな事例に出合った。 県の…

    (2016年10月10日 11:17)

  • 火の山のふもとで /静岡

     夏休みの一日、北海道の洞爺湖温泉を訪れ、有珠山・金比羅火口周辺の散策路を歩いた。2000年の噴火でできた火口。散策路沿いに熱泥流で埋まった公衆浴場「やすらぎの…

    (2016年9月19日 12:37)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです