メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 センバツ 21世紀枠の候補校を発表 一覧へ

観動記

  • 負けに堂々15歳

     柔道界期待の若手が先月の講道館杯全日本体重別選手権でシニアデビューを果たした。1984年ロサンゼルス、88年ソウルで五輪連覇を成し遂げ、2015年に死去した斉…

    (2017年12月4日 15:09)

  • パパは強し

     プロ野球ソフトバンクのデニス・サファテ投手(36)が今季のパ・リーグ最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。日本シリーズMVP、正力松太郎賞も含めると、2000年の…

    (2017年11月27日 15:03)

  • 目標は数字でなく

     プロ野球のドラフト会議で楽天から2位指名された慶大の岩見雅紀外野手を取材した。 東京六大学リーグで本塁打を量産して時の人となり、取材機会も増えたが、試合後は「…

    (2017年11月20日 15:09)

  • 「東京」だからこそ

     2020年東京五輪の開幕まで1000日を切った。急成長を遂げる卓球の張本智和(エリートアカデミー)に聞くと「1000日なんてあっという間じゃないかな」と率直に…

    (2017年11月6日 15:13)

  • 復活へのヒント

     プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)が佳境を迎える中、多くの選手がファンに別れを告げる季節も到来している。ポストシーズンの盛り上がりの陰で、巨人…

    (2017年10月23日 15:32)

  • 心に残る演技

     先月、米国の伝説のフィギュアスケーター、ディック・バトンさん(88)を米国・ニューヨークに訪ねた。バトンさんは1948年サンモリッツ、52年オスロ両五輪の男子…

    (2017年10月16日 15:04)

  • 平昌、高まる不安

     緊迫する北朝鮮情勢を受け、来年2月の平昌冬季五輪開催への不安が高まっている。フランスのフレセル・スポーツ相が「安全が確保されないのならば、フランス選手団は国に…

    (2017年10月2日 15:22)

  • 強さの理由

     今年5月、サッカーJ1鹿島の石井正忠前監督が電撃解任された日。クラブハウスで、広報担当者が落ち込んでいた。 人望のある監督だった。ただ、惜しんでいるだけではな…

    (2017年9月25日 15:15)

  • そんたく?

     陸上の世界選手権(ロンドン、4~13日)で最も胸が熱くなった場面は男子50キロ競歩。荒井広宙(自衛隊)と小林快(ビックカメラ)が2、3位でフィニッシュ直前、2…

    (2017年8月28日 15:09)

  • 変わらぬ心持ち

     2020年東京パラリンピック開幕まで、25日であと3年になる。大会名が五輪と並んで表記、呼称されることも定着して、1964年大会当時に流行した「東京五輪音頭」…

    (2017年8月21日 15:12)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
  3. 受精卵無断移植 提訴の元夫、娘にどう接したら
  4. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
  5. 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです