メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観動記

  • けが越えた強さ

     新主将の下で、チームが一つになっていると感じた。東京六大学野球の法大。森龍馬主将は自らもけがに泣かされ続けたからこそ、控え選手の悔しさもけがした選手の不安も理…

    (2017年3月27日 15:20)

  • 細部に宿るもの

     大相撲の優勝力士に贈られ、両国国技館に飾られる優勝写真額の撮影に何度か立ち会ったことがある。掲額される位置を考慮して体の向きに角度をつけることが多く、昨年初優…

    (2017年3月6日 15:22)

  • 不思議な感覚

     ウイニングランで掲げた日の丸は日本スケート連盟の幹部が用意したものだった。「友だちが寄せ書きしてくれたものもたくさんあったけど、選べなくて……」。26日に閉幕…

    (2017年2月27日 15:19)

  • 合格通知の陰に

     DeNAで戦力外となったが、楽天へのテスト入団が決まった久保裕也投手(36)。合格通知にはドタバタ劇があった。 合否の判断材料の一つだった16日の練習試合で1…

    (2017年2月20日 15:09)

  • 望まれた昇進

     大相撲初場所で稀勢の里の初優勝を取材した。相撲の内容も良かったが、最も印象に残ったのは優勝インタビューだ。 普段の支度部屋では実に寡黙。勝っても誇らず。負けて…

    (2017年2月6日 15:05)

  • 撤廃後の対策を

     ラグビーの日本選手権は来年度から大学の出場枠が撤廃される。かつてU20(20歳以下)日本代表ヘッドコーチを務めたサントリーの沢木敬介監督は「高いレベルでプレー…

    (2017年1月30日 15:19)

  • 心地よい自信

     「途中で何があっても最終的に東京(五輪)に出るのは僕」。昨夏のリオデジャネイロ五輪のレスリング男子グレコローマン59キロ級で銀メダルを獲得した太田忍(ALSO…

    (2017年1月23日 15:25)

  • 試行錯誤を糧に

     先月中旬に福島県会津若松市でボッチャの福島県選手権が開かれた。招待選手で昨年のリオデジャネイロ・パラリンピック代表の高橋和樹(自立生活センターくれぱす)に、県…

    (2017年1月16日 15:15)

  • 巨大補強に思う

     2014年。プロ野球・広島の公式戦最後の打者はプロ2年目の鈴木誠也だった。阪神とのクライマックスシリーズで先発に抜てきされたが、満塁での凡退やバントミスを含め…

    (2016年12月26日 15:18)

  • 尊敬される風土

     偶然、古本屋で手にした本の中に答えを見つけたような気がした。「応援するだけではなく、スポーツ選手を尊敬するという精神風土が生まれないかぎり、その国のスポーツは…

    (2016年12月19日 15:24)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
  2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
  3. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  4. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
  5. 安倍昭恵夫人 「首相公務を補助」で公用旅券

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです