メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

  • 外お茶屋、内は割烹 京の粋

     座敷に芸妓(げいこ)や舞妓(まいこ)、地方(じかた)さんを呼ぶ「お茶屋遊び」というのはとんと興味がないが、お茶屋は何回も行ったことがある。京都の祇園や先斗町で…

    (2018年11月27日 16:27)

  • ハイカラ薫る伝統のデミ

     1868年の開港によって、神戸の街の性格が決定づけられた。開港場に外国人のための居留地が設けられた。その神戸外国人居留地を舞台に、ミナト神戸は大いに繁栄した。…

    (2018年10月23日 16:41)

  • 「通な感覚」江戸焼き鰻

     オフィスビルと高層マンションが交じる大阪市福島区福島5丁目。ザ・リッツ・カールトンなど新しい大型商業施設が並ぶ西梅田にも隣接している。 この店に客人を連れて行…

    (2018年9月25日 16:17)

  • ミナト神戸、進取の餃子

     神戸の餃子(ギョーザ)といえば、みそダレが思い浮かぶ。JR元町駅東口の浜側に、2軒の老舗専門店「赤萬」と「ひょうたん」が背中合わせにあって、どちらもみそダレが…

    (2018年8月28日 16:55)

  • 鯨のうまみ、大鍋の関東煮で

     「おでんやなくて、かんとだき。関東煮はだいたい祭りとかのもんやからね」と店主の宮本岱造さん(73)。 取材がてら近鉄布施駅前(東大阪市)に食べに行った日(7月…

    (2018年7月24日 16:55)

  • 伝統のドイツパン 名建築で

     ジャーマン・ベーカリーの「フロインドリーブ」は、神戸の名店中の名店である。もう覚えている人は少なくなったが、1977年に放送されたNHK連続テレビ小説「風見鶏…

    (2018年6月26日 16:48)

  • うどん、かつめし 歴史の調和

     この連載で挿絵を描いていただいている奈路さんが、明治期のニッケ(日本毛織)の洋館社宅を見ようと兵庫・加古川の「まち歩き」をした際に、初めてこの店に行った。外観…

    (2018年5月22日 16:52)

  • くわ焼きは千日前の風味

     大阪・ミナミの、千日前通から始まる相合橋筋。堺筋と千日前筋のちょうど中間の南北の筋だ。古くは阪町と呼ばれた歓楽街エリアであり、喫茶店やお好み焼き店、居酒屋、す…

    (2018年4月24日 16:37)

  • 卵のごとく往時の輝き

     神戸の街や店のことを書くときに、1995年の阪神淡路大震災に触れなければ書けないことがぐっと減った。そりゃそうである、2000年生まれの子どもが、この4月に大…

    (2018年3月27日 16:39)

  • 「中いなか」定年後の居場所

     阪急池田駅から北へ延びる栄町商店街。入ってしばらく「サカエマチ2番街」のアーケードの切れ目を右へ。いい具合にくたびれた感じの平屋の店舗群が見える。どれもいわば…

    (2018年2月27日 16:31)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです