メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

  • 船場でがっつり「ダブダブ」

     大阪の船場、とりわけ淀屋橋から肥後橋界隈(かいわい)の男子サラリーマンに「ハマヤのダブダブ」といえば、「あれなぁ」とわかる人が多い。 しっかり味付けされた鉄板…

  • 焼き豚囲み、えびす顔

     阪神西宮駅から西へ1本。広い歩道に石灯籠(とうろう)が並ぶ西宮神社へ向かう「えべっさん筋」に入ると、阪神高速道路の高架越しにひげ文字で書かれた「白鹿」の大きな…

  • 神戸伝統の洋食カレー

     ミナト神戸は洋食がうまい。「洋食」というのはフレンチやイタリアン、あるいはバスク料理などと、おおよそ国や地方名で呼ばれているものでなく、カツレツやコロッケ、カ…

  • 谷六でのんびりロシア

     店主・岩崎真和さん(66)が、大阪市福島区にあったロシア料理店をここ「地元」に移転したのが2014年。「地元」とは岩崎さんが生まれ育った松屋町から、この店があ…

  • ダシと人、滋味絡む老松町

     大阪市北区の老松通りは、大阪高等・地方・簡易裁判所、天満警察署があるエリアのメイン・ストリートだ。1978年の町名変更で老松町は西天満3~4丁目になったが、近…

  • 三木に「エスカルゴ」の足跡

     神戸市の北西に位置する三木市の旧市街は、格子戸に虫籠窓(むしこまど)の切妻造りの町家が多く残る美しい城下町だ。江戸時代に建てられた家屋も多く残っているとのこと…

  • 西天満の拠点、ランチでも

     大阪市役所、大阪高等裁判所から近い大阪市北区西天満2丁目、ちょうど御堂筋に面した大正12(1923)年竣工(しゅんこう)の近代建築である堂島ビルヂングの南向か…

  • 甲子園らしさ香るカフェ

     甲子園でイメージするのは阪神タイガース。試合がある日の甲子園球場周辺は、片手にバットやメガホンを持ったユニホーム姿のファンたちがあふれ、なんとも騒々しい。 け…

  • 阿波座にスペインの灯

     大阪メトロ四つ橋線本町駅からすぐの「メソン・サルー」は、渋谷和代さんが1人で料理を取り仕切るスペイン・バルだ。 渋谷さんはアフリカ大陸北西沖にあるスペイン領カ…

  • 新陳代謝する「鯉川山手」

     JR元町駅(神戸市中央区)のすぐ東を通る鯉川筋。南には大丸、北へは山手幹線から突き当たりにある「海外移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)」への坂道だ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです