メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばっペン

  • 「茨城ダッシュ」を考える /茨城

     仕事柄、毎日のように自動車を使うが、どれだけ乗っても運転は苦手だ。一度に複数の動作をするのが不得意だからだが、悲惨な交通事故が報道されるたび「明日は我が身」と…

  • あんこうとふぐ融合 /茨城

     北茨城市平潟町にある「あんこうの宿 まるみつ旅館」(武士能久社長)が、陸上養殖に成功したとらふぐと、地元の平潟港で水揚げされたあんこうを食べ比べできる宿泊プラ…

  • 祭りの形 /茨城

     霞ケ浦湖畔の天王崎園地(行方市麻生)に11、12の両日、重低音が響きわたった。大型オートバイの愛好家らが、自ら張ったテント内で夜を明かしながら旧交を温める年に…

  • 街を温める施設 /茨城

     見上げれば時代の色が程よくついた太い梁(はり)。振り子時計に和だんすもある。懐かしい場所に帰ってきたような不思議な心地がした。ここは、つくば市北条地区にある「…

  • 茨城の魅力は人 /茨城

     新社会人として茨城に赴任して4年、大阪へ異動することになった。「人の喜怒哀楽に触れよう」と取材に臨み、心を打たれることが何度もあった。 その一つが、昨年4月に…

  • 郷土愛伝える記念誌 /茨城

     取手市の街づくりを考える市民有志の勉強会「取手フォーラム」の例会が先月で300回を数えた。会は1987年発足。ベートベン第九の演奏のために集まった市民合唱団の…

  • 甲子園経験し自信 /茨城

     今春のセンバツに21世紀枠で初出場した石岡一を約2カ月にわたって取材した。その間、選手たちの成長を垣間見ることができた。 石岡一の選手たちにとって甲子園は夢舞…

  • eスポーツと女性 /茨城

     先月末、10月の茨城国体文化プログラムで実施する「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」の先行予選大会を取材した。昨年9月のプレ大会に続き2度目のeスポーツ取材だ…

  • 「ふれあいの里」に感銘 /茨城

     過去最高の売り上げを記録した城里町総合野外活動センター「ふれあいの里」を先日取材した。ほとんどお金をかけずに職員の知恵と努力、地元住民の協力により達成したこと…

  • 偕楽園「観覧料」の実験 /茨城

     先週末、十数年ぶりに偕楽園を訪れた。名物の梅はほぼ満開で、美しく可愛らしい花を眺めることができた。こんな絶景を無料で見られる水戸は観光資源にとても恵まれている…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです