メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届けします。話題の力士のロングインタビューやおかみさんリレーコラムも。毎月1回更新。

  • SNS活用、力士身近に 土俵外発信、ファン開拓

     5月の夏場所14日目に優勝を決めた朝乃山が意外な一面を明かした。日ごろ、インターネット上で自分の情報を検索しており、微妙な判定で白星をつかんだ前日の栃ノ心戦に…

    (2019年07月02日 02:06)

  • 大相撲・技あり! 拝む じっくり攻めた竜電

     夏場所では、十両昇進後に大けがで一時は序ノ口まで落ちた竜電が初の技能賞を獲得した。豊富な稽古(けいこ)量を生かした相撲のうまさを印象づけたのは、14日目に関取…

    (2019年07月02日 02:06)

  • 待ったなし うれしい十両昇進=武藤久

     名古屋場所の新番付で十両に5人が昇進、うち新十両4人は14年九州場所以来の大量出世だった。幕下以下は同じ星同士で対戦するからつぶしあいになり大量昇進は難しいが…

    (2019年7月2日 02:06)

  • 待ったなし 令和最初の千秋楽=武藤久

     新元号最初の5月の夏場所は下馬評にも上がらなかった平幕の朝乃山が大相撲史に優勝力士としてしこ名を刻むことになった。さらに驚かされたのは米国・トランプ大統領の千…

    (2019年6月4日 02:12)

  • 大相撲・技あり! 絞り 朝乃山、光った上手の取り方

     大相撲夏場所を制した平幕・朝乃山は、得意の右四つ左上手から寄って出る攻めが光った。優勝が決まった14日目、大関・豪栄道戦には朝乃山の今場所の良さが詰まっていた…

    (2019年06月04日 02:12)

  • 炎鵬「令和の牛若丸」 「前へ」徹し技も多彩

     大相撲夏場所は25歳の新鋭、平幕の朝乃山(高砂部屋)が初優勝を遂げた。優勝争いに引けを取らないほど注目を浴びたのが、新入幕の24歳、関取最小の身長168センチ…

    (2019年06月04日 02:12)

  • 「大関入れ替え戦」明暗の2人 昇進の貴景勝/陥落の栃ノ心

     大相撲夏場所は12日、東京・両国国技館で初日を迎える。元号が「令和」に改まって初めて迎える本場所で、注目を集めるのは新大関の貴景勝だ。3月の春場所千秋楽で10…

    (2019年05月08日 02:06)

  • 待ったなし 変えてはならぬもの=武藤久

     風薫る初夏。大相撲は焼き鳥、空豆、ビールを桟敷で楽しめる夏場所が最も風情がある、という好角家が多い。 両国国技館からほど近い浅草では、夏場所開催中の17日から…

    (2019年5月8日 02:06)

  • 大相撲・技あり! 突き押し 貴景勝、体形生かす

     新大関・貴景勝が得意とするのが「突き押し」。身長175センチと力士としては小柄ながら、小気味良い攻めで大きな相手を倒してきた。 「突き」は相手の上半身を目がけ…

    (2019年05月08日 02:06)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです