メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

  • 安倍首相の9条加憲発言=論説副委員長・人羅格

     ◇狙いと手法めぐり割れた評価 毎日・首相の政略を懸念/朝日・提起自体を批判/読売・全面的に賛同 今年、施行から70年の節目を迎えた憲法をめぐる議論が新たな局面…

    (2017年06月06日 02:03)

  • 閣僚の失言と辞任=論説室専門編集委員・与良正男

     ◇「安倍1強」のおごりをどう見る 毎日・首相の責任の重さ強調/読売・態勢立て直しへ指導力期待 これまで何回、政治家の失言や暴言の報道に関わってきただろう。その…

    (2017年05月02日 02:13)

  • 天皇退位の与野党合意=論説委員長・古賀攻

     ◇山越すまでの各紙論調に開き 読売・一時は摂政を促す/産経・女性宮家に拒否反応 天皇陛下の退位をめぐる議論は、3月17日に特例法の制定を基本とする「議論のとり…

    (2017年04月04日 02:46)

  • 働き方改革=論説副委員長・大高和雄

     ◇産業構造の変化に合わせて 全体の方向性が不明確、日本型雇用慣行は限界 安倍政権が1億総活躍プランの「本丸」と位置づける働き方改革の論議が進んでいる。 これま…

    (2017年03月07日 02:28)

  • トランプ米大統領=論説委員長・古賀攻

     ◇民主主義が岐路に立っている 穏健な共存共栄か 自国エゴの「力の政治」か 国内の結束や多国間のコンセンサスを、平然と断ち切ってはばからない米大統領の出現だ。 …

    (2017年2月7日 02:27)

  • 米大統領選 トランプ氏当選=専門編集委員・布施広

     ◇不透明な世界情勢、変わる常識 経済も軍事も「米国第一」 日本に新たな経費・人的貢献要求も 100年に1度の大事件かもしれない。米大統領選におけるドナルド・ト…

    (2016年12月7日 02:06)

  • 日ソ共同宣言60年=論説委員・大木俊治

     ◇意義と限界、今も割れる評価 交渉進める踏み台か、「2島決着」の呼び水か 日本とソ連(現ロシア)は1956年10月19日、国交回復を取り決めた日ソ共同宣言に調…

    (2016年11月01日 02:56)

  • 天皇制と「生前退位」=論説委員長・古賀攻

     ◇時代変化に適応する柔軟性を 憲法4条の制約に直面 国民の主体性がかぎ握る 天皇陛下が8月8日に「生前退位」の意向を強く示唆されて以来、数多くの意見が交わされ…

    (2016年09月06日 02:42)

  • 参院選と改憲勢力3分の2=論説委員長・古賀攻

     ◇冷静な憲法論議の前提条件は 時代錯誤の自民党草案、課題の実証的な点検が先 憲法。それは国家として区切られた領域内での最も重要な約束事だ。 地理的な「国の形」…

    (2016年08月02日 02:32)

  • 参院選終盤に=論説室専門編集委員・与良正男

     ◇「改憲隠し」に終始するのか 論戦避ける首相と自民 関心高めぬ流れ変えよ 衆院に続き参院でも自民党を中心とする憲法改正派の勢力が、改正案の発議に必要な3分の2…

    (2016年07月05日 03:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選挙 横須賀市長選 候補者の横顔 /神奈川
  2. 佐賀・車全焼 車内から1遺体 そばにやけどの国家公務員
  3. ロシア 旧ソ連アパート 強引建て替え、住民反発
  4. アニメ1週間 「ルーのうた」が仏映画祭グランプリ 「ラブライブ!サンシャイン!!」NHKで再放送
  5. 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです