メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

  • 働き方改革=論説副委員長・大高和雄

     ◇産業構造の変化に合わせて 全体の方向性が不明確、日本型雇用慣行は限界 安倍政権が1億総活躍プランの「本丸」と位置づける働き方改革の論議が進んでいる。 これま…

    (2017年03月07日 02:28)

  • トランプ米大統領=論説委員長・古賀攻

     ◇民主主義が岐路に立っている 穏健な共存共栄か 自国エゴの「力の政治」か 国内の結束や多国間のコンセンサスを、平然と断ち切ってはばからない米大統領の出現だ。 …

    (2017年2月7日 02:27)

  • 米大統領選 トランプ氏当選=専門編集委員・布施広

     ◇不透明な世界情勢、変わる常識 経済も軍事も「米国第一」 日本に新たな経費・人的貢献要求も 100年に1度の大事件かもしれない。米大統領選におけるドナルド・ト…

    (2016年12月7日 02:06)

  • 日ソ共同宣言60年=論説委員・大木俊治

     ◇意義と限界、今も割れる評価 交渉進める踏み台か、「2島決着」の呼び水か 日本とソ連(現ロシア)は1956年10月19日、国交回復を取り決めた日ソ共同宣言に調…

    (2016年11月01日 02:56)

  • 天皇制と「生前退位」=論説委員長・古賀攻

     ◇時代変化に適応する柔軟性を 憲法4条の制約に直面 国民の主体性がかぎ握る 天皇陛下が8月8日に「生前退位」の意向を強く示唆されて以来、数多くの意見が交わされ…

    (2016年09月06日 02:42)

  • 参院選と改憲勢力3分の2=論説委員長・古賀攻

     ◇冷静な憲法論議の前提条件は 時代錯誤の自民党草案、課題の実証的な点検が先 憲法。それは国家として区切られた領域内での最も重要な約束事だ。 地理的な「国の形」…

    (2016年08月02日 02:32)

  • 参院選終盤に=論説室専門編集委員・与良正男

     ◇「改憲隠し」に終始するのか 論戦避ける首相と自民 関心高めぬ流れ変えよ 衆院に続き参院でも自民党を中心とする憲法改正派の勢力が、改正案の発議に必要な3分の2…

    (2016年07月05日 03:07)

  • 消費増税の再延期=論説副委員長・古賀攻

     ◇直近の経済か、将来への責任か 「G7公認」の危機感に固執 周到に布石を打った首相 一度ならず二度までも、の典型をなす安倍晋三首相の増税先送りである。1年7カ…

    (2016年06月07日 02:30)

  • 地震大国と原発=論説副委員長・大高和雄

     ◇依存しない社会、築くために なしくずしの例外認定、「40年廃炉」の原則守れ 熊本地震は、わが国が「地震大国」である現実を改めて突きつけ、原発を持ち続けること…

    (2016年05月04日 02:29)

  • 保育園落ちた=論説副委員長・古賀攻

     ◇貧弱な国内環境あぶり出す 「女性活躍」と現実との落差 保育士の待遇改善を急げ ひとつの匿名ブログが政治的な力を得たのは、ネット社会ならではの現象だろう。子供…

    (2016年04月05日 02:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
  2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
  3. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
  4. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  5. 大阪市営地下鉄 民営化の議案可決 18年4月に移行へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです