メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

落語食堂

  • 千秋楽 佐々木裁き 見立て八寸、ひれ伏し結び

     大坂西町奉行に赴任した佐々木信濃守。お裁きに袖の下が横行する悪習を案じて、町中を見回っていると、住友の浜(大阪市中央区島之内の東横堀川沿い)で、子どもたちがお…

  • その68 首提灯 酒に酔い芸に酔い

     屋台の上燗屋で、うだうだ言いながら酒を飲んでいた酔っ払い、勘定の金を崩すために向かいの道具屋に行き、中に刀を仕込んだ仕込み杖を買い求める。何か切ってみたくてし…

  • その67 鴻池の犬 幕開け祝す手間キラリ

     船場の商家の前に捨てられていた子犬の三兄弟。店の者に可愛がられていたが、一番上の黒が豪商・鴻池善右衛門のところにもらわれていく。黒はすくすくと大きくなり、大坂…

  • その66 掛け取り 師走の八寸、にぎやかに

     昔は米も酒もツケ払いが当たり前で、大みそかにはたまったツケを取り立てに来る。去年は自分が死んだことにして払いを逃れた熊さん、今年は「人間は好きなものには心を奪…

  • その65 一人酒盛 酔人に優しい秋の味覚

     宿替えしたばかりの男の長屋に、友だちが訪ねてくる。が、ずーっと男が一人でしゃべり続ける。「手伝うことないかってか。何もない」「一杯飲んで帰ってんか」と言いなが…

  • その64 高倉狐 お揚げと豆腐、変幻自在に

     人を化かすキツネが人にだまされるのが「高倉狐(きつね)」という噺(はなし)。どんな料理で化かされますか? 舞台は高津宮(大阪市中央区)の境内にある高倉稲荷。「…

  • その63 馬の尾 燗酒のアテにパリパリ衣

     「虎の尾」を踏んだら命が危ないけれど、「馬の尾」を抜いたら酒を飲ませる羽目に--。そんな噺(はなし)にはどんなアテが出てきますやら。 テグス(釣り糸)代わりに…

  • その62 悋気の独楽 やきもちは夏でも熱く

     旦那の帰りが遅いので「どこへお出かけになった」と御寮人さんが店の者に聞いて回るが、誰もまともに取り合ってくれず、女中のお竹に慰められる。そこへ旦那に付いてお妾…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです