メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局の目

  • リンゴ畑の語り部 /秋田

     大館市を拠点に活動する東日本大震災の被災地ボランティアバスツアー「大館ボラバス」に参加し、5月25日、岩手県陸前高田市を訪れた。同市を訪ねたのは1年ぶりで、今…

  • 死との向き合い方 /秋田

     「人の死には『PPK』と『NNK』の2種類があるんですよ」。終活カウンセラーの古田岳大さん(43)と話していた時に、こんなことを教えてもらった。「PPK」とは…

  • 畠山受刑者の実家解体 /秋田

     藤里町で2006年に起きた連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われ、無期懲役の判決を受けた畠山鈴香受刑者の実家がこの冬の間に解体され、姿を消した。 確定…

  • 放射線の恐怖拭う困難さ /秋田

     2月下旬、廃炉に向けた作業が進む福島第1原発と、その周辺自治体を回る報道関係者向けの視察に参加した。福島第1原発を訪れるのは初めて。除染作業は進んでいたが、放…

  • 歳末版 初の雪国 住めば都 /秋田

     「果てしない大空と広い大地のその中で♪」。歌手、松山千春さんのヒット曲「大空と大地の中で」をカラオケで歌う男性の美声が毎晩のように階下から聞こえてくる。午前0…

  • 歳末版 100年に1回 幸運な記者? /秋田

     「お前は100年に1人の記者だ!」。夏の甲子園の取材を終えた後、多くの方からそんな言葉をかけられた。私が100年に1人の逸材……という意味では、もちろんない。…

  • 歳末版 人と向き合う医師 /秋田

     言葉を慎重に選びながら、患者と真摯(しんし)に向き合う白衣姿は、誠実な人柄を映していた。秋田市の外旭川病院のホスピス長、嘉藤茂医師(62)のことだ。 10月か…

  • 歳末版 老犬神社の忠犬シロ /秋田

     その名を聞いて以来、ずっと気になっていた「老犬神社」(大館市葛原(くぞわら))。11月上旬に初めて、現地を訪れた。木立に囲まれた山の中腹に木造の社殿が静かに建…

  • 進化した姿、プロの世界で /秋田

     今夏、全国を沸かせた金足農高の吉田輝星投手(3年)が15日、球団と仮契約を結んだ。野球を始めた小学生の時から「プロ野球選手になりたい」と言い続けた少年が、夢の…

  • 樹木希林さんの遺言 /秋田

     15日に75歳で亡くなった樹木希林さんは、役柄そのままに、個性的で言葉は鋭いが、どこか愛嬌(あいきょう)がある魅力的な人だった。 取材したのは2012年4月。…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです