メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナガサキ平和リレー

  • /276 折り鶴をお香に /長崎

     波佐見町でまちづくりに取り組む一般社団法人「金富良舎(こんぷらしゃ)」が、長崎市の長崎原爆資料館に寄贈された千羽鶴を材料にしたお香の商品化に取り組んでいる。資…

    (2019年3月9日 15:01)

  • /275 講話者派遣が100件に /長崎

     国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市)が被爆の実相を伝えるため実施している講話者の派遣が今年度、100件を超える見込みだ。依頼者の費用負担が必要だった派遣…

    (2019年2月9日 15:56)

  • /274 元日に願う北朝鮮の非核化 /長崎

     元日に長崎市の平和祈念像前であった、核兵器廃絶を願う「正月座り込み」。被爆者で、県平和運動センター被爆者連絡協議会議長の川野浩一さん(79)は、18年目の今年…

    (2019年1月9日 16:01)

  • /273 ユースの力、非核のカギに /長崎

     来年4~5月に米ニューヨークである核拡散防止条約(NPT)再検討会議第3回準備委員会に派遣される「ナガサキ・ユース代表団」の7期生が決まった。9人は核兵器を取…

    (2018年12月9日 16:19)

  • /272 学び合う被爆地の小学校 /長崎

     長崎市立山里小(同市橋口町)の6年生が、修学旅行で長崎を訪れた広島市立幟町(のぼりちょう)小の児童たちと被爆遺構を巡り交流した。被爆地の子ども同士が平和につい…

    (2018年11月9日 15:57)

  • /271 多様な意見を知る対話授業 /長崎

     長崎市教委が今年度から新たに取り組む、対話を重視した平和教育の授業が、市立山里中で公開された。「あなたが大量破壊兵器の開発を依頼された戦時中の科学者なら、プロ…

    (2018年10月10日 15:04)

  • /270 被爆伝えるフリーペーパー /長崎

     QRコードを利用して、被爆体験などに文字だけでなく音声で触れられるフリーペーパー「ながさき平和の音の風景」(A5判、14ページ)を、県立大学シーボルト校(長与…

    (2018年9月9日 16:29)

  • /269 被爆者2人を3世が物語に /長崎

     「どこにでもある平穏な生活を、原爆が一瞬で奪ったことを伝えたい」。長崎市の被爆3世、松永瑠衣子(るいこ)さん(26)が、長崎原爆で被爆した祖母ら女性2人の半生…

    (2018年8月9日 15:03)

  • /268 アナウンサー、平和語り継ぐ /長崎

     NBC長崎放送(長崎市)のアナウンサーが、地域の小中学校などに出向いて被爆者の体験記や詩を朗読する「平和文学朗読キャラバン」が今年も始まった。被爆60年の20…

    (2018年7月8日 13:56)

  • /267 ハワイからの千羽鶴 /長崎

     国連に核廃絶を求めて署名を届けている「高校生平和大使」の派遣委員会事務局に5月中旬、ハワイの小学校「曹洞アカデミー」から千羽鶴が届いた。平和大使を務めた2人が…

    (2018年6月9日 16:24)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです