メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗

太陽光発電

  • 来春、未発電なら減額 買い取りで方針 経産省

     経済産業省は15日、太陽光発電など再生可能エネルギーに関する有識者の委員会を開き、固定価格買い取り制度の見直しを議論した。事業用太陽光(出力10キロワット以上…

    (2018年10月16日 03:13)

  • 買い取り減額へ 経産省、未発電業者の撤退など促す 国民負担抑制を図る

     経済産業省は太陽光発電の「固定価格買い取り制度(FIT)」の導入当初に高い価格での買い取り認定を受けながら、未稼働のままになっている一部の発電業者に対し、買い…

    (2018年10月14日 02:45)

  • 買い取り価格を半減

     経済産業省は12日の有識者会議で、家庭や事業者が太陽光で発電した電力を大手電力会社が買い取る価格に関して現行の半分程度にする方針を明らかにした。事業者が発電し…

    (2018年9月13日 03:05)

  • 買い取り価格を半減方針 25~27年度に

     経済産業省は12日の有識者会議で、家庭や事業者が太陽光で発電した電力を大手電力会社が買い取る価格に関して現行の半分程度にする方針を明らかにした。事業者が発電し…

    (2018年9月12日 21:37)

  • 非常時こそ活用を 「自立運転モード」充電、シェアも

     北海道で6日に起きた地震による大規模停電で、住宅用太陽光パネルが非常用の電源として注目されている。運転方法を切り替えることで日中に電気を使えるようになるといい…

    (2018年9月8日 15:03)

  • 「自立運転モード」非常時こそ活用を

     北海道で6日に起きた地震による大規模停電で、住宅用太陽光パネルが非常用の電源として注目されている。運転方法を切り替えることで日中に電気を使えるようになるといい…

    (2018年9月8日 11:29)

  • 茶畑で 静岡の会社、栽培の設備利用

     全国有数の茶どころ・静岡県の産地の一つ、菊川市の茶生産・販売会社「流通サービス」が茶葉栽培に使う設備を利用して太陽光発電に取り組んでいる。お茶だけでなく電気も…

    (2018年08月31日 15:17)

  • 茶畑で「一石二鳥以上の効果」 静岡の会社

     全国有数の茶どころ・静岡県の産地の一つ、菊川市の茶生産・販売会社「流通サービス」が茶葉栽培に使う設備を利用して太陽光発電に取り組んでいる。お茶だけでなく電気も…

    (2018年08月31日 10:52)

  • 丹波市、10月指導対象拡大 施設面積引き下げ /兵庫

     丹波市は27日、太陽光発電施設について、現行の対象面積2000平方メートル以上から1000平方メートル以上に引き下げる「市開発指導要綱」の改正を10月1日から…

    (2018年8月30日 12:55)

  • 県と25市町、初会合 ガイドライン検討会 /静岡

     県は30日、太陽光発電設備の適正導入に向けたガイドライン検討会の初会合を静岡市内で開いた。県や25市町の担当者約60人が参加し、事業者向けガイドラインの必要性…

    (2018年7月31日 13:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです