メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

  • 地区大会 17日

     (17日) 【男子】=42・195キロ ◇中国(島根県出雲市) (1)岡山・倉敷2時間7分58秒(2)山口・西京2時間10分42秒(3)広島・世羅2時間11分…

    (2018年11月18日 02:57)

  • 県大会 「全国でも入賞目指す」 鹿児島城西高・全校生徒前に 部が優勝報告 /鹿児島

     鹿児島県高校駅伝大会で初優勝した鹿児島城西高校で、全国生徒約1200人を前に優勝報告会があった。 駅伝部の高田敏寛監督は「声援を送ってくれたチアリーディング部…

    (2018年11月15日 15:53)

  • 男子・松浦高陸上部 上位食い込む走りを 祝賀会で主将ら意気込み /長崎

     12月に京都市で開かれる全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に6年ぶり2回目の出場を決めた県立松浦高陸上部の祝賀会が13日、松浦市のホテルであった。同校…

    (2018年11月15日 14:29)

  • 県予選 女子、津商4年連続V 監督、主将の話 /三重

     ◇予定通り序盤に差 津商・村島正敏監督 序盤にどれだけ差を付けるかが鍵だと思った。センス抜群の2、3年生が先に走り、差を付けて1年生が走るといった予定通りの流…

    (2018年11月13日 11:53)

  • 県予選 男子、伊賀白鳳15連覇 /三重

     男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走県予選会(県高体連・三重陸上競技会主催、毎日新聞社など後援)が11日、松阪市久保町の三重高校を発着点に行われた。男子…

    (2018年11月13日 11:53)

  • 県予選 女子、津商4年連続V 2位四日市商に大差 /三重

     2位の四日市商に2分30秒の大差をつけた。女子4連覇は県予選で初めて。津商は2009年、13年に実現できなかった4連覇の壁を乗り越えた。 1区は岡本凪布主将(…

    (2018年11月13日 11:53)

  • 県予選 男子、伊賀白鳳15連覇 監督、駅伝リーダーの話 /三重

     ◇暑さ対策が奏功 伊賀白鳳・中武隼一監督 1区の佐伯選手が良い仕事をしてくれて想定通りのレース展開ができた。他校との差はほとんどないと思っていたが、暑さ対策が…

    (2018年11月13日 11:53)

  • 47代表出そろう

     男子第69回全国高校駅伝(日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教委、毎日新聞社主催)の代表47校が11日、出そろった。最後となった三重は伊賀…

    (2018年11月13日 03:04)

  • 47代表出そろう

     男子第69回全国高校駅伝(毎日新聞社など主催)は11日、三重で予選を行い、都道府県代表47校が出そろった。女子は第30回の記念大会のため都道府県代表47校に全…

    (2018年11月12日 15:09)

  • 県予選 あす号砲 /三重

     男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走県予選会(県高体連・三重陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)が11日、松阪市久保町の三重高校を発着点に開かれる。 …

    (2018年11月10日 11:08)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです