メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

  • 笑い飛ばすおおらかさ=芦谷有香

     1年のうち半年を英国で暮らすようになって、6年がたった。英国人がいかに「笑う」ことに重きを置いているかを実感している。 数年前の調査結果だが、英国人の93%が…

    (2018年3月14日 15:25)

  • 窮地の元騎手支える社会=芦谷有香

     英国はとても合理的な国だと感じている。例えば、速度制限。一般道の基本は時速30マイル(48キロ)で、標識はそれ以外の道路にしかない。だから街が美しいし、税金が…

    (2018年2月28日 15:09)

  • ギャンブルパラダイス=芦谷有香

     昨年暮れから、イタリア・ミラノに滞在している。 イタリアでは街のいたる所に「タバッキ」がある。名称から推測できるように、もとはたばこ店だ。現在はそれ以外にも切…

    (2018年2月14日 15:09)

  • 馬対人間のマラソン=芦谷有香

     世の中にはいろんな「挑戦」を思いつく人がいるもので、英国・ウェールズには「馬(騎乗者あり)対人間」のマラソンがある。距離は約35キロ。過去には人間も2度優勝し…

    (2018年1月24日 15:02)

  • 賭けでプラスの女性騎手=芦谷有香

     英国の女性騎手ヘイリー・ターナーが初来日して初勝利を挙げたのは、3年前の8月である。その年、英国の平地競馬シーズンが閉幕した11月に彼女は現役を退いた。761…

    (2018年1月10日 15:03)

  • エクリプスの皮膚片=芦谷有香

     欧米ではオークションが盛んだ。ロンドンではサザビーズ社が代表格の一つで、今年は故ウィンストン・チャーチル元首相が自ら描いて女優に贈った花の絵が、63万8750…

    (2017年12月27日 15:18)

  • 華のある慈善レース=芦谷有香

     アスコット競馬場で先月24日、アマチュアライダーによるチャリティーレースが行われた。チャールズ皇太子が設立した農業や農村生活の質を向上させるための基金に、この…

    (2017年12月13日 15:12)

  • 女王の馬への深い愛情=芦谷有香

     英国のエリザベス2世女王は大の馬好きである。19日にもウィンザー城の敷地を馬に乗って散歩している姿が目撃された。女王は91歳。馬にまたがるだけでも大変なはずだ…

    (2017年11月22日 15:02)

  • 女王獲得賞金、独り歩き=芦谷有香

     日本の皇室と英国王室の違いの一つに私的財産がある。例えば、エリザベス2世女王は多くの個人資産や不動産を所有している。それをどう使うかは彼女の自由だし、運用によ…

    (2017年11月8日 15:02)

  • 福祉精神旺盛な英国=芦谷有香

     福祉先進国の英国には実に多くの慈善団体や福祉事業があり、その記事が紙面を飾ることも少なくない。過日、心臓移植を受けたエリオットちゃんのことが掲載されていた。生…

    (2017年10月25日 15:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  2. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  4. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦
  5. 夏の高校野球 吹奏楽も負けない 金足農と大阪桐蔭の決勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです