メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

  • 発着拡大へ年明けにも協議

     関西エアポートは26日、環境影響評価(アセスメント)で上限とされた関西国際空港の年間発着回数(23万回)拡大に向け再検討する方針を明らかにした。年明けにも協議…

    (2018年12月27日 16:08)

  • 荒天時、海保が法規制 周辺、航行禁止

     海上保安庁は25日、関西国際空港で9月、タンカーが連絡橋に衝突した事故を踏まえ、荒れた天候の際、関空から3カイリ(約5・5キロ)以内の船舶航行を海上交通安全法…

    (2018年12月26日 16:08)

  • 再開「災害24時間内」 浸水対策へ護岸かさ上げ 見直し公表

     関西国際空港を運営する「関西エアポート」は13日、9月の台風21号による空港の一時閉鎖を受け、見直していた災害対策を公表した。護岸・防潮壁のかさ上げや電気設備…

    (2018年12月14日 15:49)

  • 泉佐野市長、役割見直しを非難「火事場泥棒みたい」

     台風21号による被災を契機に、関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を見直そうとする動きについて、関空の地元・大阪府泉佐野市の千代松大耕市長は27日、…

    (2018年11月27日 22:40)

  • 冬の国際線、便数は最多更新 アジア向け大幅贈

     関西エアポートが23日発表した関西国際空港・国際線の2018年冬期ダイヤ計画(今月28日~来年3月30日)によると、週当たりの旅客便数(ピーク時)は昨冬比92…

    (2018年10月23日 21:23)

  • 上半期利用者7年ぶり減 台風と地震が影響

     関西エアポートが23日発表した2018年度上半期(4~9月)の関西国際空港の旅客数(利用者数)は前年同期比2%減の1391万人で、11年度以来7年ぶりに減少し…

    (2018年10月23日 21:14)

  • 9月輸出総額が大幅減 台風21号浸水被害の影響で

     大阪税関は18日、関西国際空港の9月の輸出総額が前年同月比58・0%減の2336億円、輸入総額も70・8%減の1061億円だったと発表した。台風21号で関空が…

    (2018年10月18日 11:06)

  • 香港の臨時便到着 台風から復旧の関西観光を後押し

     台風21号の影響で一時閉鎖した関西国際空港に17日早朝、香港からの臨時便が到着した。災害に見舞われた関西の観光業を後押ししようと、日本航空が運航。当初は24年…

    (2018年10月17日 10:26)

  • マイカーとレンタカーの通行解禁 対面通行は続く

     台風21号の影響で損傷した関西国際空港の連絡橋で、マイカーとレンタカーの通行が6日午前0時から可能になった。これにより空港へのアクセスは全ての手段で可能になっ…

    (2018年10月06日 10:13)

  • 浸水1カ月 貨物の正常化進む 小野薬品も輸出再開

     台風21号の影響で貨物地区が浸水するなどして物流機能がまひした関西国際空港では、被害から1カ月がたち、医薬品倉庫が稼働を再開するなど徐々に正常化が進んでいる。…

    (2018年10月04日 02:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです