メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

  • 陛下の即位の礼 多様性尊ぶ国民の象徴に

     天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」がきのう行われた。皇居での式典に国内外から約2000人が参列し、即位を祝福した。 象徴天皇制となった現…

  • 革新投資機構が新体制 存続させる意義はあるか

     経営陣の顔ぶれを代えただけで、機能不全に陥った巨大な官民ファンドを立て直せるか。懸念が拭えない。 経済産業省が所管する投資規模2兆円のファンド、産業革新投資機…

  • 中東へ海自派遣検討 一層の外交努力が必要だ

     対立する米国とイランの間で外交努力を続けてきた日本として、双方の理解が得られるギリギリの落としどころと判断したのだろう。 安倍晋三首相が中東のオマーン沖に海上…

  • 菅原氏の贈答品問題 釈明するほど深まる疑惑

     いまだにこうした疑惑が取りざたされること自体が驚きである。 菅原一秀経済産業相(衆院議員、東京9区)の事務所が有権者らに贈答品を送っていたとされる問題だ。 選…

  • 英国のEU離脱 確実に「合意なき」回避を

     経済活動や市民生活に重大な影響を与える「合意なき離脱」を回避するため、英国は一日も早い混迷収拾に全力を挙げるべきだ。 英下院は、ジョンソン首相が欧州連合(EU…

  • 巨大IT規制で新会議 個人保護の基準を明確に

     プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT(情報技術)企業の規制に政府が本格的に乗り出した。 関係する行政機関の長を集めた「デジタル市場競争会議」を内閣官房に新設し…

  • 増え続けるいじめ 現場任せでは解決しない

     全国の小・中・高校などで昨年度に把握されたいじめが前年度より約3割増えて54万件に達し、過去最多となった。 文部科学省は2013年のいじめ防止対策推進法制定を…

  • 広がる散骨への対応 ルールのあり方考えたい

     人が亡くなった後、墓に埋葬せずに遺骨を海や山にまく「散骨」が広がっている。「自然に返りたい」と望む人が増えているようだ。 1991年、NPO法人「葬送の自由を…

  • 政府が恩赦を決定 時代にそぐわない制度だ

     政府が天皇陛下の即位に伴う恩赦を閣議決定した。対象の刑を政令で決めて一律に実施する。対象者は約55万人に上る。 政令や基準を内閣が定めて行われる恩赦は現憲法下…

  • 日航に再び改善命令 業界で飲酒対策の強化を

     パイロットによる乗務前の飲酒が発覚するケースが後を絶たない。国土交通省は日本航空に対し、昨年12月に続いて事業改善命令を出した。 同じ問題で航空会社に2回の改…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです