メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

  • 17年衆院選 11月に弁論

     「1票の格差」が最大1.98倍だった2017年10月の衆院選は憲法違反だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は…

    (2018年9月11日 02:53)

  • 参院選挙区、最大3.08倍 昨年より拡大 衆院は2倍未満

     毎日新聞は総務省が11日公表した今年1月1日現在の人口動態調査を基に、国会議員1人当たりの人口の差を示す「1票の格差」を試算した。参院選挙区の最大格差は3・0…

    (2018年07月12日 03:03)

  • 昨秋の衆院選、大法廷へ

     「1票の格差」が最大1.98倍だった2017年10月の衆院選は憲法違反だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は4…

    (2018年7月5日 03:33)

  • 主張隔たり 参院報告書 改憲、大選挙区など

     参院改革協議会の選挙制度専門委員会(岡田直樹委員長=自民党)は9日、参院選の「1票の格差」是正に関する報告書を同協議会に提出した。選挙制度改革は法改正から1年…

    (2018年5月10日 03:01)

  • 主張隔たり 参院報告書、集約進まず

     参院改革協議会の選挙制度専門委員会(岡田直樹委員長=自民党)は9日、参院選の「1票の格差」是正に関する報告書を同協議会に提出した。選挙制度改革は法改正から1年…

    (2018年5月9日 21:19)

  • 昨年衆院選 広島も合憲 「2倍未満を実現」

     「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に違反するとして、弁護士グループが広島、山口両県の全11小選挙区の選挙無効を…

    (2018年3月31日 17:07)

  • アダムズ方式を評価 昨年衆院選、15件合憲

     昨年10月の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟は、30日の広島高裁の合憲判決で全16件の高裁判決が出そろい、15件が「合憲」の結論となった。最大格差が2倍未満に…

    (2018年3月31日 16:40)

  • 15件「合憲」 高裁判決出そろう 「2倍未満」評価 昨年衆院選

     昨年10月の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟は、30日の広島高裁の合憲判決で全16件の高裁判決が出そろい、15件が「合憲」の結論となった。最大格差が2倍未満に…

    (2018年3月31日 03:48)

  • 最高裁は年内にも統一判断 高裁判決出そろう

     ◇全16件で15件が「合憲」の結論 昨年10月の衆院選の「1票の格差」を巡る訴訟は、30日の広島高裁の合憲判決で全16件の高裁判決が出そろい、15件が「合憲」…

    (2018年03月30日 20:07)

  • 昨年衆院選、広島も「合憲」 高裁判決で15件目

     「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は投票価値の平等を求める憲法に違反するとして、弁護士グループが広島、山口両県の全11小選挙区の選挙無効を…

    (2018年3月30日 15:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです