メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西見てある棋

  • 共に磨いた才 百段の重なり

     大阪市西区にある関西棋院の囲碁研修寮「永究会」(永究塾)を巣立った棋士の総段数が百段を突破し、祝いの宴が1月27日、大阪市内であった=写真。総勢31人のうち2…

    (2018年02月08日 17:16)

  • 苦節経て静かな歓喜

     若手棋士の登竜門、第7期加古川青流戦でプロ1年目の西田拓也四段(26)=写真=が優勝した。決勝三番勝負の相手は連覇を目指す井出隼平四段(26)。第1局は完敗だ…

    (2017年11月16日 17:46)

  • 心に期す、さらなる高み

     日本将棋連盟関西本部に所属する昨年10月2日以降の昇段者の免状授与式が4月12日、大阪市福島区の関西将棋会館であった。棋士8人、女流棋士2人、指導棋士1人(出…

    (2017年4月27日 17:12)

  • 地元の街で手ずから指導

     振り飛車党の人気棋士、宮本広志五段(31)が、地元・大阪府茨木市本町の本通商店街内にある将棋道場「アキノクラブ」の師範に就任した。将棋教室も開設し、「楽しく将…

    (2017年4月13日 17:38)

  • それぞれの初春の誓い

     関西囲碁界と将棋界の事始めとなった5日、関西棋院(大阪市中央区)では新年お祝いの会があった。中川和雄理事長が「関西棋院からタイトルを取る棋士が出ることを祈ると…

    (2017年1月12日 17:33)

  • 40年歩んでも奥深き道

     関西所属の将棋棋士、谷川浩司九段(54)、森信雄七段(64)、東和男八段(61)の3人がプロになって40年となり、第42回将棋の日で表彰された。 11月17日…

    (2016年12月08日 17:27)

  • 待望の復活 将棋の夏祭り

     第1回関西将棋夏まつり(日本将棋連盟、連盟棋士会主催)が10、11日、大阪市北区のMBS・ちゃやまちプラザで開かれ、200人を超す将棋ファンでにぎわった。関西…

    (2016年09月15日 17:53)

  • 世界的囲碁の祭典、兵庫・宝塚で 7月、日本初

     世界から囲碁愛好家が集まり、対局や講座、トークショーなど多彩な催しで囲碁を楽しむ「ジャパン碁コングレス」(関西棋院、兵庫県宝塚市など共催)が7月15〜18日、…

    (2016年6月23日 17:28)

  • それぞれの未来へ、気概と決意

     第43回将棋大賞で2年ぶり6回目の最優秀女流棋士賞を受賞した里見香奈女流名人(24)=写真・前列左から3人目=の表彰式と、昨年10月以降の昇段者10人(棋士6…

    (2016年4月28日 17:13)

  • 聖の青春、大阪でもロケ

     早世した将棋の鬼才、村山聖(さとし)九段の壮絶で純粋な生きざまを描く映画「聖の青春」がクランクアップした。今秋、全国公開される。 5歳で発病した腎ネフローゼと…

    (2016年3月17日 16:12)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです