メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VIEWS

  • 3月24日号 Jeffrey S. Irish 下甑島に住む姉妹

     鹿児島県西部の甑島(こしきしま)列島は上甑島、中甑島、下甑島からなる。筆者は、薩摩半島から約30キロ離れている下甑島を久しぶりに再訪した。現在ある七つの集落の…

    (2018年03月23日 15:08)

  • 3月3日号 C.W.二コル アフリカとのつながり

     多様な自然や文化を有するアフリカに対し、子供の時から強い思いを抱いてきた筆者。青年時代、探検家として活動する中さまざまな出会いを経てエチオピアへと導かれ、同国…

    (2018年03月02日 15:13)

  • 2月24日号 Rebecca Otowa 日本独特の贈り物文化

     欧米のお金に対する考え方はネガティブなものが多く、現金をプレゼントすることは失礼にあたる。日本に嫁いだころは、お年玉など日本の「お金を贈る」という文化に戸惑っ…

    (2018年02月23日 15:10)

  • 1月27日号 Jeffrey S. Irish 清水を守る人

     鹿児島県南九州市高田にある古い石切り場の湧き水は、今では「たかたの命水」として知られ、市外からも多くの人が水を求めて訪れる。同地域の農業法人事務局長、有村光雄…

    (2018年01月26日 15:10)

  • 12月23-30日合併号 Rebecca Otowa 自分の居場所

     今年は夫、利郎さんの仕事でドイツに5カ月間滞在していた筆者。今では日本が自分の居場所だと感じるが、ドイツに住み、「外国人」としてその国に住む大変さを思い出した…

    (2017年12月22日 15:08)

  • 12月2日号 C.W.二コル 森林浴のすすめ

     森の中で心身を癒やす「森林浴」が、海外でも広がっている。筆者はアファンの森設立当初から、森林散策などの取り組みを積極的に行ってきた。国土の大半が森林に覆われな…

    (2017年12月01日 15:04)

  • 11月25日号 Jeffrey S. Irish 生活の記録

     今年初めから南薩地域(鹿児島県の薩摩半島南部)の高齢者の生活を撮影する仕事をしている著者。10カ月にわたり、良き友人でもある彼らの日常を記録した。話を聞くと、…

    (2017年11月24日 15:08)

  • 10月28日号 Rebecca Otowa 先祖代々大切にしてきたもの

     旧家である筆者の家には蔵が3棟と小屋が二つある。最近、夫の利郎さんと蔵の片付けをしたところ、昔使用していた物や代々受け継いだ物など、先祖に思いを馳せる品が多く…

    (2017年10月27日 15:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  3. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
  4. サワラ漁 播磨灘で始まる かつてない大漁 洲本 /兵庫
  5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです