メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラム@やまがた

  • つや姫物語 /山形

     平成の時代に県産米のブランド化を目指す取り組みを取材し、農家や県の担当者らの話を聞いた。「つや姫」をトップブランドに押し上げるための総力戦に、昭和の時代から続…

    (2019年1月17日 11:47)

  • ステージシーンに涙止まらず /山形

     英国のロックバンド「クイーン」。そのボーカルなどを務めたフレディ・マーキュリー(1946~91年)の波乱に満ちた半生を中心に、メンバーらとの友情や確執、名曲の…

    (2019年1月10日 11:39)

  • 責任の所在 /山形

     連載「満州と山形」の第3部「開拓のルーツを訪ねて」を今月7日付で終えた。満蒙開拓団約27万人のうち、終戦時の悲劇で約8万人が犠牲になったとされる。その責任の所…

    (2018年12月20日 11:58)

  • ぬくもりへの気持ち /山形

     「拝啓、厳冬の候、いかがお過ごしでしょうか」。高校時代からこまめに手紙を書くことを続けている。送る相手を考えて便箋や封筒を買い、父にねだって買ってもらった万年…

    (2018年12月13日 12:56)

  • 被告の家族に思いはせる時間を /山形

     全国に先駆けて県弁護士会が「犯罪加害者家族支援センター」を発足させた。相談員を養成する弁護士向けの研修会での、NPO法人「ワールド・オープン・ハート」(仙台市…

    (2018年12月6日 11:39)

  • 「野球と共に」ある人生 /山形

     社会人野球のきらやか銀行で昨秋まで現役でプレーした長谷川徹さん(30)=山形市=の人生は、「野球と共に」あったと感じる。 新潟市出身で、日本文理高で甲子園、中…

    (2018年11月22日 11:34)

  • 真の「つながり」とは /山形

     11月上旬、仕事の合間に立ち寄った山形市内のコンビニの入り口前で、トンボがふと腕に止まった。羽はあちこちが傷つき、赤い体は黒ずんでいた。少し前は元気に空を飛び…

    (2018年11月15日 11:48)

  • 災害への備え、見直したい /山形

     9月初旬、台風21号が近畿地方を縦断し、関西国際空港が一時閉鎖されるなど、大きな被害が出た。直後に夏季休暇をもらい、郷里の大阪に帰省したが、幸い、私が乗った大…

    (2018年11月8日 12:00)

  • 分かりやすくが難しい /山形

     理系か文系か--。今でこそ日々、文字に触れる仕事をしているが、国語などの語学が得意だったわけではなく、社会人になるまでは読書の習慣がほとんどなかった。子どもの…

    (2018年11月1日 12:17)

  • 東京一極集中の副作用 /山形

     先日、出張で秋田市に行く機会があった。さて、どの路線で行こうかと考えた末、山形からJR奥羽線で一路北上するルートをあえて選んだ。直線距離ではそれが一番近い。「…

    (2018年10月18日 12:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです