メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染土

  • 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民

     除染で出た汚染土を南相馬市小高区の常磐自動車道の盛り土に使う計画について、環境省は7日夜、計画地周辺の自治会長を対象とした説明会を開催した。環境省が住民を対象…

    (2019年3月9日 09:33)

  • 福島県外、処分方法を検討 環境省・初会合

     環境省は4日、東京電力福島第1原発事故に伴って福島県外での除染作業で出た汚染土の最終処分方法を決める検討会の初会合を東京都内で開いた。放射線を遮蔽(しゃへい)…

    (2017年9月4日 22:27)

  • 再利用の実証実験 環境省が公開 福島・南相馬

     環境省は17日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用に向けた実証実験を福島県南相馬市で報道陣に公開した。今後、汚染土を他の土で遮蔽(しゃへい…

    (2017年5月17日 20:50)

  • 「公園」表現避ける 再利用で環境省公開会合

     東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土を公園の造成に再利用することを検討していた環境省は27日、「公園」の表現を避け「緑地」の造成に使う案を公開の会合…

    (2017年3月27日 23:26)

  • 議事録削除は「隠蔽」 自民議員、環境省批判

     東京電力福島第1原発事故に伴う汚染土の再利用基準を決めた非公開会合の議事録から環境省が自らの発言を一部削除していた問題を22日、衆院予算委員会第1分科会で与党…

    (2017年2月22日 21:53)

  • 二重基準隠し、再利用へ「理論武装」

     ◇環境省非公開会合 「ダブルスタンダード(二重基準)としか読めない」。東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用を巡り、管理期間を170年と試算し…

    (2016年6月27日 08:01)

  • 「管理に170年」…安全判断先送り、再利用方針

     ◇環境省非公開会合 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土を巡り、環境省の検討会が再利用の方針を決めた際、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170…

    (2016年06月27日 08:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです