メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎から、広島から

  • 原爆投下後の写真 /長崎

     <長崎・広島合同企画> 核兵器がどのような破壊と惨禍をもたらすのか。長崎や広島で原爆投下後に撮影された写真は、被爆者の証言とともに、被爆の実相を如実に後世へ伝…

    (2017年9月30日 15:57)

  • 二つの被爆地、児童交流 /長崎

     広島市の市立幟町(のぼりちょう)小学校の6年生が今年10月、修学旅行で長崎を訪れ、長崎市立山里小の児童と交流する。両校とも140年以上の歴史があるが、1945…

    (2017年7月29日 16:28)

  • 第20代高校生平和大使 /長崎

     <長崎・広島合同企画> 核兵器の廃絶を求める署名を集め、スイス・ジュネーブの国連欧州本部に届ける「高校生平和大使」の活動が今年で20年目を迎えた。今年は全国で…

    (2017年6月24日 17:06)

  • 折り鶴の再利用に取り組む 平和への思い伝える新ツールに/短期的なブームに終わらせない /長崎

     被爆地の長崎と広島には、平和や核兵器廃絶への願いを乗せ、国内外から多くの折り鶴が毎年届く。折り鶴に込められた思いを大切にしながら、どう生かすのか。長崎、広島両…

    (2017年05月27日 15:08)

  • 内戦混迷シリア、被爆地は何ができるか アブドゥーラ・バセムさん、渥美智晶さんに聞く /長崎

     中東シリアで6年以上続く内戦が混迷の度合いを増している。今月には政府軍がサリンとみられる化学兵器を使用し、米トランプ政権は政府軍の拠点へのミサイル攻撃に踏み切…

    (2017年4月29日 16:32)

  • 軍港の街、日本遺産に /長崎

     <長崎・広島合同企画> 長崎、広島両県には、被爆地だけでなく、海上自衛隊などの基地を抱える軍港の街がある。長崎県佐世保市と広島県呉市。かつては旧海軍の拠点だっ…

    (2017年02月25日 14:53)

  • 被爆2世、初の集団提訴 /長崎

     <長崎・広島合同企画> 援護措置がないのは違法だとして、全国の被爆2世約50人が来月、国に慰謝料を求める訴訟を長崎、広島両地裁に起こす。長崎、広島両支局による…

    (2017年01月28日 15:21)

  • 米次期大統領・トランプ氏 /長崎

     <長崎・広島合同企画> 長崎、広島両支局の合同企画「長崎から、広島から」。今回は、今月8日に投開票された米大統領選で、共和党のドナルド・トランプ氏が次期大統領…

    (2016年11月26日 15:31)

  • 原爆文学 /長崎

     <長崎・広島合同企画> 米軍の原爆投下による惨状を小説や詩などで表現した「原爆文学」は、原爆が心身両面にもたらした被害を広く知らしめる大きな役割を果たしてきた…

    (2016年10月29日 17:06)

  • 海外で被爆体験語る /長崎

     <長崎・広島合同企画> 被爆の実相を海外に伝えようと、広島、長崎両市が世界各地で開催する「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」。開催都市には、広島や長崎などから被爆者が…

    (2016年10月1日 15:13)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです