メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV

ゲノム編集

  • 同時に三つの遺伝子改変に成功 広島大チーム

     生物の遺伝子を改変するゲノム編集技術を改良し、同時に三つの遺伝子を改変することに成功したと、山本卓・広島大大学院教授(ゲノム生物学)らの研究チームが英科学誌ネ…

    (2018年9月13日 09:58)

  • 応用の研究者に特許権 米連邦高裁

     遺伝子を自在に改変できる「ゲノム編集」技術の特許権争いで、米連邦高裁は11日までに、基本的な仕組みを開発した大学教授らの主張を退け、人の細胞への応用に成功した…

    (2018年9月13日 02:54)

  • 作物の野外栽培、国へ任意の届け出制 実効性に課題

     遺伝子を効率良く改変できるゲノム編集技術について、環境省の専門委員会は30日、農畜産物などを野外で育てる際は国に届け出る制度の導入を正式決定した。生産物が野生…

    (2018年8月31日 02:54)

  • 規制求め意見書

     遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」の農作物などへの応用について、日本消費者連盟などの市民団体が10日、既存の遺伝子組み換え(GM)作物や食品と同様の…

    (2018年8月11日 02:58)

  • 先天疾患治療、7割容認 頭を良くする、8割反対 米世論

     【ワシントン共同】米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターは、先天的な病気を治療するために赤ちゃんに「ゲノム編集」の技術を使うことを容認できると考える人が、…

    (2018年7月29日 02:22)

  • 法規制検討 「遺伝子機能消失」除外 環境省原案

     遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」で作られた生物について、環境省は11日、遺伝子組み換えの農作物などと同様にカルタヘナ法による規制の対象に加えるかど…

    (2018年7月12日 16:51)

  • がん化の恐れ クリスパー法に難題 スウェーデンチーム

     【ワシントン共同】遺伝子を狙い通りに操作するゲノム編集技術のうちで、最も研究利用が進んでいる「クリスパー・キャス9」で遺伝子を改変した細胞はがん化する恐れが高…

    (2018年6月15日 02:07)

  • 応用 遺伝子改変効率化

     遺伝子を改変する技術「ゲノム編集」を応用し、植物のシロイヌナズナで従来より大幅に効率よく遺伝子を改変できる方法を開発したと、中国科学院上海植物ストレス研究セン…

    (2018年6月5日 03:33)

  • 改変した受精卵、子宮戻しは禁止 指針案

     厚生労働省は19日、遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術を新たに規制対象とした遺伝子治療の臨床研究に関する指針案をまとめた。ゲノム編集で遺伝子を改変したヒ…

    (2018年1月20日 02:46)

  • ヒト受精卵、生殖研究でも胎内移植禁止

     内閣府生命倫理専門調査会の作業部会は20日、ゲノム編集技術などで遺伝子を改変したヒトの受精卵を、生殖補助医療の研究を目的としてヒトや動物の胎内に移植することを…

    (2017年12月21日 02:10)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです