メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵は馬より価値がなかったのか

 「将校、下士官、馬、兵隊」--。日本軍内の序列を揶揄(やゆ)した、そんなざれ言がある。アジア・太平洋における15年間の戦争で、一兵卒はたった「1銭5厘」(郵便料金)の赤紙で徴集することができる消耗品だった。無謀な戦線拡大と補給線の破壊により、南方の孤島やジャングルで、水漬く屍(かばね)、草生(む)す屍となった230万人。大日本帝国は「忠勇なる皇軍兵士」をどのように遇したのか。戦後70年の2015年が過ぎようとしている年末。4回に分け、データをひもといてみた。【高橋昌紀】

第1回 飢餓、空腹で軍紀崩壊=12月25日
第2回 弱肉強食の離島部隊=12月26日
第3回 良兵の〝産地〟東北=12月27日
第4回 大将は遊んでいても=12月28日
特別インタビュー・松本零士さん「自殺した元日本兵を見た」=12月25日

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 巨人・山口投手 病院警備員への傷害容疑などで書類送検
  2. ORICON NEWS 片岡鶴太郎、3月に離婚していた
  3. バルセロナテロ 夏のバカンス暗転 「次々宙に舞った」
  4. 人種差別 「ナチス」旗でJ1応援 痛み想像する力の欠如
  5. 米国 極右は「ピエロの集団」…バノン氏、非難受け弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです