メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テロと欧州

  • /5止 バチカン、宗教戦争懸念 対IS、国際社会介入促す

     「キリスト教徒のお前は不信心者だ。イスラム教に改宗するか、さもなくば頭を切り落とす」 キリスト教カトリックのシリア人神父、ジャック・ムラド氏(68)は昨年5月…

    (2016年01月06日 02:59)

  • /4 独「難民歓迎」が一転 流入制限、7割が支持

     クリスマス休暇直前の昨年12月下旬、ベルリン中心部モアビットにある難民申請所には登録を待つ希望者約200人が集まっていた。その中にシリア難民のシャイサン・アリ…

    (2016年01月05日 02:58)

  • /3 英、学生監視を強化 過激思想への接触阻止

     「急に髪をスカーフで覆い始めた生徒や、荒れていた子が急に真面目になったケースにも、目を光らせなければならない」。生徒の半数近くがイスラム教徒だというロンドン東…

    (2016年01月04日 02:28)

  • /2 狙われた仏の「自由」

     ◇若者、カフェ通いに「恐怖」 相次ぐテロに見舞われた年の終わりを目前にしたパリのクリスマス。学生街「カルチェラタン」のカフェはいつものように、学生らでにぎわっ…

    (2016年01月01日 02:14)

  • /1 過激化防止に苦悩

     過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した11月のパリ同時多発テロは、多くの移民を受け入れてきた欧州諸国を大きく揺さぶった。各国は次なるテロを防ぐため…

    (2015年12月31日 03:02)

  • 若者の過激化防ぐ「ジハード」上演 ベルギー

     12月7日、ベルギーの首都ブリュッセルの小劇場で、「ジハード(聖戦)」というタイトルの劇が上演された。シリアやイラクでイスラム過激派組織に参加する若者が出るの…

    (2015年12月30日 19:50)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです