メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • 時短のバイアス

     日本弁護士連合会が今月、職場のハラスメントをテーマにミニムービーを作り、ホームページで公開した。劇中、時短勤務する子育て中の女性は、勤務評価で低い評価を受け、…

    (2018年12月18日 17:20)

  • 番号の不思議

     主催イベントのため、数百人分の住所録を作成中だ。パソコンで郵便番号を入力すると住所が町域まで出力されるソフトがあり、とても助かっている。 郵便番号制度は196…

    (2018年12月18日 17:04)

  • 「後楽」信じたい

     「憂楽帳」は、かつて毎日新聞東京本社があった場所「東京・有楽町」にちなみ、そこに「喜怒哀楽をつづる」意味を込め名付けたと聞く。この「憂楽」という文字を見るたび…

    (2018年12月18日 15:02)

  • フシンシャ

     黄色い帽子をかぶった小学生の一団が路地いっぱいに広がって歩く。仕方なく後をついて行くと、何人かチラチラとこちらを見てささやき合う。「フシンシャ?」。こらこら、…

    (2018年12月17日 16:45)

  • 大阪で石見神楽

     大阪・ミナミの繁華街にほど近いビル1階を改装して来年3月、「石見神楽なにわ館」がオープンする。島根県西部の伝統芸能「石見神楽」を毎日上演する劇場だ。定員150…

    (2018年12月17日 16:39)

  • 「お陰様で」

     西アフリカ・ベナン出身のゾマホン・ルフィンさん(54)と4年ぶりに会った。「水なのに高すぎるよ」。東京都心のホテルでメニュー表を手に店員に笑いかける姿にほっと…

    (2018年12月17日 15:03)

  • ハヌカの夕食

     テニス仲間のマーガレット(36)が先週、ユダヤ教の祭り「ハヌカ」の夕食に招いてくれた。この時期、ロサンゼルスでは店頭などで「ハッピーハヌカ」の文字を見かけるが…

    (2018年12月15日 16:59)

  • 技能実習生の死

     外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法の成立を受け、愛知県幸田町の川に足を運んだ。今年2月にベトナム人男性が亡くなった場所だ。 技能実習生として働いていた…

    (2018年12月15日 16:51)

  • ハヌカの晩さん

     テニス仲間のマーガレット(36)が先週、ユダヤ教の祭り「ハヌカ」の夕食に招いてくれた。 この時期、ロサンゼルスでは店頭などで「ハッピーハヌカ」の文字を見かける…

    (2018年12月15日 16:41)

  • ハヌカの夕食

     テニス仲間のマーガレット(36)が先週、ユダヤ教の祭り「ハヌカ」の夕食に招いてくれた。この時期、ロサンゼルスでは店頭などで「ハッピーハヌカ」の文字を見かけるが…

    (2018年12月15日 15:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです