メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポン瞬・彩

  • 絵ろうそくまつり~ゆきほたる~(福島県会津若松市)

     会津の伝統的工芸品の一つである「会津絵ろうそく」を皆さんに知っていただきたいという思いから、毎年2月に「会津絵ろうそくまつり」が開かれています。  会津の絵ろ…

    (2017年03月05日 12:00)

  • 雪と氷の絶景の村 しかりべつ湖コタン(北海道鹿追町・上士幌町)

     1980年。時の若者たちが完全結氷した然別湖に新しい遊び場を開拓してから40年近くの歳月が流れた。以来、毎年厳冬期の湖上に現れる雪と氷の幻の村「しかりべつ湖コ…

    (2017年2月26日 15:00)

  • 「兄弟ワッショイ」男たちの荒祭り(山口県防府市)

     西日本屈指の荒祭りで知られる山口県防府市、防府天満宮の「御神幸祭(ごしんこうさい)」。数千人の裸坊(はだかぼう)たちが集い、「兄弟ワッショイ!」の掛け声ととも…

    (2016年12月10日 13:00)

  • くれないさやか あきいろ奈良

    冬が終われば春が来て 春が終われば夏が来る そして秋 それはいまも変わらない 1300年前、日本の中心であった奈良 そんな奈良も あきいろさやか写真・文 はしも…

    (2016年12月03日 12:00)

  • いにしえの秘法 三佛寺炎の祭典(鳥取県三朝町)

     ほら貝の音、赤々と燃える炎、願いを胸に裸足で火を渡る参拝客。鳥取県三朝町の山深い古刹(こさつ)、三徳山三佛寺で毎年10月末、修験道の秘法を今に伝える「炎の祭典…

    (2016年11月26日 14:00)

  • モッテコーイ! 勇壮華麗長崎くんち(長崎市)

    写真・キャプション 廣高都志子  長崎の氏神様、諏訪神社の秋の大祭「長崎くんち」。7年に1度の大役を担う7ケ町の踊町(おどりちょう)が演(だ)し物をご奉納。神様…

    (2016年11月19日 12:00)

  • 粋な夜流し おわら風の盆(富山市八尾町)

     山裾に広がる、石垣に囲まれた坂の街、越中八尾(富山市八尾町)。古い家並みが並ぶ静かな街は、1年にたった3晩、ヒリヒリと熱を帯びた濃密な空気に満たされる。三味線…

    (2016年11月12日 12:00)

  • 北斎を想いて(神奈川県三浦市)

    写真・キャプション 石川真士  相模灘の波とともに育った。病を得て故郷に戻り、夕日を眺めていて波越しの富士山に出合った。海を従え、ときに優しくほほ笑み、ときに荒…

    (2016年11月05日 18:00)

  • 烈女きりり 会津藩公行列(福島県会津若松市)

     2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台、福島県会津若松市の秋を彩る「会津まつり」。メインイベントの会津藩公行列には例年18万人が詰めかけ、華やかな歴史…

    (2016年10月29日 12:00)

  • くれないもゆる あきいろ奈良

    冬が終われば春が来て 春が終われば夏が来る そして秋 それはいまも変わらない1300年前、日本の中心であった奈良 そんな奈良に もゆるあきいろ写真・文 はしもと…

    (2016年10月22日 18:00)

灯台ものがたり

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  3. 船橋市 公園でのボール遊び解禁に向け再試行
  4. 高齢ドライバー 死亡事故、年400件超 踏み間違いなど
  5. コンゴ 「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです