メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに、精力的に取材を続けている伊藤智永編集委員が、「政治を座標軸に鋭く切り結びます。毎月1回更新。

  • 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

     「Go Toキャンペーン」の条件がコロコロ変わる、遅いと文句を言う(毎日新聞を含む)のは、お門違いというものではないか。 各地で水害に襲われたり、コロナ危機で…

  • コロナに弱い側用人政治=伊藤智永

     広告大手の電通が、あの手この手で国の巨大事業を貪欲に受注してきた商法に感心していたら、榑谷(くれたに)典洋副社長が6月8日の記者会見で、 「電通は広告会社では…

  • 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

     今月生誕100年の女優・原節子といえば、小津安二郎監督「紀子(のりこ)3部作」(「晩春」1949年、「麦秋」51年、「東京物語」53年)で演じたつつましく朗ら…

  • コロナに教えられること=伊藤智永

     ペスト大流行で大学が閉鎖され、田舎で庭仕事をしていた英国の科学者ニュートンは、リンゴの実が木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見した。この有名なエピソードは…

  • 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

     「戦時中の暮らしって、こんな感じだったのかな」 東京や大阪も、いつパリやニューヨークのようになるのかと、新型コロナウイルスの感染爆発を案じる「瀬戸際」生活で、…

  • コロナウイルスとの対話=伊藤智永

     ウイルスは生物か、無生物か。生命の最小単位である細胞を持たず、代謝も、自己増殖もできないが、他生物の生きた細胞に感染した時だけ増殖し、変異し、生物に似た生態を…

  • 政治記者なんて要らない=伊藤智永

     「今は政治記者が要らなくなりました。いなくても新聞は困らない。政治はあっても、政局がなくなってしまった。(中略)政治記者が失業するぐらいの世の中のほうが、国民…

  • 象徴天皇制を続けますか=伊藤智永

     令和元年は祝賀ムードのうちに過ぎ、天皇代替わりは一段落した感が漂うが、上皇陛下が退位の決意と併せて投げかけられた宿題は手つかずで残されたままだ。国民がこの先も…

  • 長期政権を作ったふたり=伊藤智永

     自民党総裁選で次期首相候補は「中曽根康弘で行く」と決めるに当たり、決定権を握る田中派では反対論が大勢だった。 「あんなボロみこし担げない」 と言い放ったのは、…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです