メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

  • 家族に脅かされる政治=伊藤智永

     皇室に強い月刊誌「文芸春秋」は、昨年10月号で巻頭に 「皇后は退位に反対した」 というスクープ記事を載せた。読んでも理由が書いてない。気になっていたら、信頼で…

    (2017年05月06日 02:57)

  • ファーストレディーの涙=伊藤智永

     「妻は旧称・安倍晋三記念小学校の名誉校長を辞任した」 広がる一方の「森友学園」問題を鎮めようと、安倍首相が国会で釈明に追われた4日後、昭恵氏は天皇、皇后両陛下…

    (2017年04月01日 02:46)

  • 1強栄えて吏道廃れる=伊藤智永

     訪米から帰国した週の金曜日夜、報道発表によると、安倍晋三首相は午後7時4分に公邸に引っ込んだきり、終夜 「来客なし」 となっている。実際は、公邸に「安倍応援団…

    (2017年3月4日 02:36)

  • 女性皇太子を阻むもの=伊藤智永

     伊勢神宮にお参りする人々が、手や口を清める御手洗(みたらし)場(ば)が設けられた五十鈴川(いすずがわ)。川に抱かれた内宮参道近くの閑静な住宅地に今週、老師をお…

    (2017年02月04日 02:03)

  • 居るだけではない天皇=伊藤智永

     SMAPのファンでもなかったけど、大みそかに紅白歌合戦を見ていたら、他のジャニーズ系グループの歌は一つも知らなかった。それにひき換えSMAPの歌は、今や幼児ま…

    (2017年01月07日 02:28)

  • 大富豪と革命家の青春=伊藤智永

     半世紀も反米を貫いたキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が逝き、入れ替わるように「米国を再び偉大に」と叫ぶトランプ次期米大統領が登場する。歴史の書物が…

    (2016年12月03日 02:27)

  • 世襲指導者たちの国々=伊藤智永

     怪しい宗教家、生業不詳の女、演説の改ざん、巨額の寄付金集め、豪華マンションと高級ブランド靴、乗馬選手の娘……。 朴槿恵(パククネ)韓国大統領の「親友」を巡るス…

    (2016年11月05日 02:36)

  • 民進党のリベラル嫌い=伊藤智永

     オリンピックに沸いた夏が終わって秋、日米は政治論戦の季節を迎えた。弁舌の達人たちによる言葉の戦いを堪能したい。 と思いきや、日本の臨時国会に出はなをくじかれた…

    (2016年10月1日 02:30)

  • 2・26事件から80年の夏=伊藤智永

     「陛下 なぜもっと民を御らんになりませんか/国民は、陛下をおうらみ申す様になりますぞ/御皇運の果てる事も御座ります」 「何と云(い)う御失政でありますか、何と…

    (2016年9月3日 02:34)

  • 二階幹事長を味わう=伊藤智永

     先月出たベテラン政治家の回想記「YKK秘録」(講談社)に、こんな場面がある。著者の山崎拓氏は、小泉純一郎政権で自民党幹事長・副総裁を歴任。議員手帳にマメに日誌…

    (2016年08月06日 02:51)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
  2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
  4. 特集ワイド ミサイル「危機」狂騒曲 踊らされているのは誰? 学校が「対応」のお知らせ配布 それでも原発は再稼働
  5. ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです