メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ペットと人間の「より良い関係」を掘り下げます。

  • 予防医療で長寿に備え

     栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広…

    (2019年04月25日 02:12)

  • イノシシ出没、危険性を知る

     十二支の亥(い)に当てはめられ、古くから人間との関わりが深いイノシシ。近年は、野生の個体が人間の生活圏に出没しては農業被害や交通事故などを引き起こし、“害獣”…

    (2019年03月05日 02:08)

  • 神経質なペットのシマリス

     ドングリやクルミの皮を両手で持ってむいて食べる姿が愛くるしいリス。中でもシマリスは市場に流通しており、ペットとして飼っている人もいるだろう。ただ、シマリスは神…

    (2019年02月05日 02:02)

  • 飼い主亡き後の引き取り役

     ペットを飼う高齢者にとって病気や自分の死後にペットをどうするかは大きな問題だ。一時的に世話ができなくなったり、飼い主が亡くなったりしたときに引き取る飼育支援サ…

    (2018年12月04日 02:06)

  • クワガタ、越冬の準備を

     子どものアイドル、クワガタ。屋外で捕まえて飼っていると、そろそろ動きが鈍る季節だ。無事に冬を越し、春に元気な姿をみせてもらうためにどのような準備が必要だろうか…

    (2018年11月06日 02:03)

  • 野生シカ増加、人里近くにも

     秋を象徴する動物として古くから親しまれてきたシカ。北海道から沖縄まで広く分布し、おとなしい印象もついて回る野生動物だ。主に本州に生息するニホンジカに注目してみ…

    (2018年10月02日 02:13)

  • 爬虫類とほどよい距離感

     近年、ペットとしての爬虫(はちゅう)類に注目が集まっている。飼う人が多いのはカメ、トカゲ、ヘビだ。昔と違って飼育用品やそれぞれの個体に関する書籍も豊富にそろい…

    (2018年09月04日 02:10)

  • 災害に備え 猫の預け先確保

     近年、ペットとしての人気が高まっている猫。自然災害が起きたとき、パニックになったり、犬と違ってつながれていないため逃げ出したりする危険がある。飼い主はどのよう…

    (2018年08月07日 02:11)

  • ウサギ 気軽に飼う前に

     フワフワの毛にクリッとした目--。ペットとして人気のウサギだが、おとなしそうなイメージに反して「飼ってみると大変」という声もある。不幸な「捨てウサギ」を増やさ…

    (2018年07月03日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです