メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

どうぶつ

ペットと人間の「より良い関係」を掘り下げます。

  • 自宅で愛犬さっぱり、清潔に

     高温多湿の夏は、人間と同じように犬も皮膚病にかかりやすい。定期的なシャンプーは予防に有効だが、間違ったやり方では愛犬にストレスを与えてしまう。自宅でシャンプー…

  • 落ちたヒナを拾わないで

     シジュウカラやツバメ、ヒヨドリなどのヒナが巣立ちの季節を迎えている。中には地上に落ちてしまうものもいる。公益財団法人「日本野鳥の会」(東京都品川区)は「手を出…

  • 殖えすぎて飼育崩壊、泥沼化

     ペットの犬や猫が繁殖し過ぎて世話ができなくなる「多頭飼育崩壊」--。その対応に自治体が苦慮している。持病の悪化や家族の認知症発症などをきっかけに状況が悪化し、…

  • 予防医療で長寿に備え

     栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広…

  • イノシシ出没、危険性を知る

     十二支の亥(い)に当てはめられ、古くから人間との関わりが深いイノシシ。近年は、野生の個体が人間の生活圏に出没しては農業被害や交通事故などを引き起こし、“害獣”…

  • 神経質なペットのシマリス

     ドングリやクルミの皮を両手で持ってむいて食べる姿が愛くるしいリス。中でもシマリスは市場に流通しており、ペットとして飼っている人もいるだろう。ただ、シマリスは神…

  • 飼い主亡き後の引き取り役

     ペットを飼う高齢者にとって病気や自分の死後にペットをどうするかは大きな問題だ。一時的に世話ができなくなったり、飼い主が亡くなったりしたときに引き取る飼育支援サ…

  • クワガタ、越冬の準備を

     子どものアイドル、クワガタ。屋外で捕まえて飼っていると、そろそろ動きが鈍る季節だ。無事に冬を越し、春に元気な姿をみせてもらうためにどのような準備が必要だろうか…

  • 野生シカ増加、人里近くにも

     秋を象徴する動物として古くから親しまれてきたシカ。北海道から沖縄まで広く分布し、おとなしい印象もついて回る野生動物だ。主に本州に生息するニホンジカに注目してみ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

  5. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです