メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと・民俗への招待

  • 聖宝ゆかりの大峯参り /奈良

     奈良市内に餅飯殿という繁華な商店街がある。元は蕗畑(ふきのはた)(富貴畠)郷といったが、弘法大師が天川弁財天を興福寺の南円堂の南西に勧請し、蕗畑の人々が餅と飯…

    (2018年9月12日 15:11)

  • 大峯信仰の金丸講 /奈良

     大峯奥駈を曲がりなりにも経験したことは、大きな意味があった。それまでは遠くの山並みを風景として見ていたが、その後平地から遠くの大峯山系を眺めると、たちどころに…

    (2018年8月29日 15:54)

  • 奥駈で、風景の見方一変 /奈良

     両童子岩の手前で黒砂糖をかじると一度に元気が出た。しかし時間がたつとパタリと気力がなくなる。身をすり減らすようにして夕方たどり着いた標高800メートルの下北山…

    (2018年8月1日 15:49)

  • よくぞここへ釈迦像を /奈良

     翌朝、弥山の山頂は広々として明るかった。大峯奥駈道でこれだけの山上平原を持つ山は他にないだろう。小屋の近くには、神明造り銅板葺(ふ)きの弥山弁財天社が祀(まつ…

    (2018年7月18日 15:28)

  • 自然感じ心は高揚 /奈良

     2001年7月26日夕刻、大峯山寺下の龍泉寺宿坊へ入り、午後9時前に就寝。外は雨だった。翌日午前4時に起床して簡素な朝食の後、5時に出発。6時すぎには小笹宿跡…

    (2018年7月4日 15:47)

  • 高さの恐怖、大峯奥駈 /奈良

     吉野山から五番関まで歩いた後、2001年7月26日から29日にかけて五番関から山上ケ岳、弥山、前鬼と歩いた。調査員や県・地元市町村関係者併せて総勢延べ19人。…

    (2018年6月20日 16:10)

  • 奥駈道から丸石信仰 /奈良

     龍泉寺のナデ石を知ったのは、県教育委員会が行った野迫川村民俗資料緊急調査の報告書だった。1971~72年に行われた貴重な調査で、保仙純剛氏が野迫川村の中地区の…

    (2018年6月6日 15:22)

  • 神仏を拝する春 /奈良

     前回、大峯山寺本堂の戸開け式を紹介した。この「戸開け」という言葉は、野本寛一先生の調査によると、長野県伊那地方で、旧暦2月に初めて春の神を拝む日とされていた(…

    (2018年5月23日 15:23)

  • 信者突進、未明の秘儀 /奈良

     世界遺産登録に向け、熊野古道小辺路と大峯奥駈道の踏査に参加したことがある。 2001年5月3日未明、まず大峯山寺戸開け式を見た。2日夜11時、天川村洞川から山…

    (2018年5月9日 15:57)

  • 命あふれた富雄川 /奈良

     近鉄奈良線の富雄駅から富雄川を上り下りするようになって40年ほどになる。この間、富雄川の様子は大きく変わった。川西の道にはガードレールもなく、道からそのまま緩…

    (2018年4月25日 15:39)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです