メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

  • グールドへの憧れ=大橋拓文(囲碁棋士)

     今回、私のリラックスタイム、気分転換についてお話しします。私は音楽、特にピアノを弾くのが好きです。対局に負けたり心が荒れたりした時は、ショパンの「革命」やベー…

    (2017年8月14日 15:03)

  • 時にはカラオケ=大橋拓文(囲碁棋士)

     囲碁棋士はこの世で最も人数が少ない部類の職業かもしれません。日本に約500人、世界を合わせても1000人はいないのでは。そんな棋士の日常生活を紹介します。 ま…

    (2017年8月7日 15:03)

  • 世界映す鏡=大橋拓文(囲碁棋士)

     皆さんは本因坊という名称をご存じですか。かつて徳川家康が囲碁の家元制度を作りました。家元4家の筆頭が本因坊で、現在では最も歴史のある囲碁のタイトル戦となってい…

    (2017年7月31日 15:08)

  • 自由な発想の原点=大橋拓文(囲碁棋士)

     私は最近『囲碁AI時代の新布石法』(マイナビ、1717円)という本を出しました。囲碁AI(人工知能)を、発想を自由にする道具として捉え、自由になった発想を基に…

    (2017年7月27日 13:09)

  • 青天の霹靂=大橋拓文(囲碁棋士)

     はじめまして、囲碁棋士の大橋拓文(ひろふみ)です。皆さんは囲碁を楽しまれたことがありますか? 私たちの年代ですと祖父がやっていた、という声をよく聞きます。私が…

    (2017年7月27日 13:08)

  • 私たちとAI=大橋拓文(囲碁棋士)

     アルファ碁と対局した柯潔(かけつ)九段は、対局会場の烏鎮(うちん)がある浙江(せっこう)省が地元です。わずか11歳でプロになり、成績が振るわない時期を乗り越え…

    (2017年7月27日 13:08)

  • 愛されたくめんどうな俺=岸政彦(社会学者)

     おっさんというものはたいがいめんどくさい生き物だが、それにしても自分というものがつくづくめんどくさくなるときがある。若いやつと飲むと、だいたい私がおごるのだが…

    (2016年6月27日 15:06)

  • 「できない」は見えにくい=岸政彦(社会学者)

     連れあいが突然、ギターを弾けるようになりたいと言いだした。もともと大学のときに軽音サークルでベースを弾いていたりしたので、まったくの初心者ではないが、もっかい…

    (2016年6月20日 15:23)

  • 人のおらんとこで…=岸政彦(社会学者)

     これもだいぶ前の話になりますけども、夕方の混んでる電車のなかで中高年不倫カップルがいた。なぜ不倫とわかったかというと、それは会話を聞いてたらわかる。 ふたりは…

    (2016年6月13日 15:25)

  • 「個人」はかっこいい=岸政彦(社会学者)

     私たちは研究者といっても大学に雇われているので、ややこしい人も多いけど、基本的には普通の「組織の人」だ。しかし個人でメシを食っている人、特に作家や映画監督やミ…

    (2016年6月6日 15:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子ゴルフ セキ・ユウティン22位 福井生まれ中国美女にギャラリー熱視線(スポニチ)
  2. 川の事故 大阪で中3男子不明 柏原・大和川
  3. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
  4. ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ/中 「最高」支えるキャスト /東京
  5. トランプ米大統領 バノン首席戦略官を解任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです