メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

  • ウナギの婚活の行方=鴨志田公男

     ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)漁が、今漁期は記録的な不漁だという。 市場に流通するウナギの大半は、稚魚を捕獲して、養殖したものだ。だから、稚魚の不漁は、ウ…

    (2018年2月22日 02:03)

  • 確率の受け止め方=鴨志田公男

     根室から釧路まで、北海道東部(道東)の太平洋沿岸をドライブしたことがある。途中で一休みしたのが、浜中町にある霧多布(きりたっぷ)湿原だった。晩秋で、湿原を彩る…

    (2018年1月25日 02:02)

  • 肥満は伝染する?=鴨志田公男

     太りすぎの友人が多いと、自分も太りすぎる可能性が高くなる。つまり、肥満は感染症と同じく、伝染する。 本当なの?という人もいるだろう。でも、この話、今年のノーベ…

    (2017年12月28日 02:16)

  • 夜景と星空の共存を=鴨志田公男

     「夜景と星空は同時に楽しむことができるはずです」 星好きが集まった民間団体「星空公団」の小野間史樹(おのまふみき)さんにそう言われ、本当ですかと、思わず問い返…

    (2017年11月23日 02:04)

  • 標本が語りかけるもの=鴨志田公男

     上野動物園のジャイアントパンダ「リンリン」や日本で初めて同園で飼育・展示されたキリンなど、剥製が所狭しと並んでいた。グリズリーやシロクマは、今にも襲いかかって…

    (2017年10月26日 02:03)

  • 豪雨災害への備えを確かに=鴨志田公男

     この夏、1時間当たりの雨量が300ミリに達する、とてつもない大雨を体験した。 雨音に遮られ、話し声が伝わらない。視界もきかない。傘をさしていても、地面から跳ね…

    (2017年9月28日 02:06)

  • 「黒魔術」にかかったAI=鴨志田公男

     棋界の頂点に立つ佐藤天彦名人を今年、初めて破った将棋ソフトが「PONANZA(ポナンザ)」だ。 その開発者である愛知学院大特任准教授、山本一成さんの「黒魔術の…

    (2017年8月24日 02:02)

  • 「人類」こそが外来種=鴨志田公男

     強い毒を持つ南米原産の外来種、ヒアリが日本各地で見つかっている。 刺されると命にかかわることもある。なんとしても、国内への定着は阻止したい。水際対策はまさに正…

    (2017年07月27日 02:03)

  • 天体衝突回避のために=鴨志田公男

     6月30日は国際小惑星の日(アステロイドデー)だ。 昨年12月の国連総会で宣言された、まさに出来たてほやほやの国際デーである。 今から109年前のこの日、ロシ…

    (2017年6月29日 02:03)

  • 「旧陸軍研究所」で考えた=鴨志田公男

     敷地全体が、科学技術の軍事利用を考える上で、とても貴重な歴史の証言者になっている。明治大学生田キャンパス(川崎市多摩区)を先月訪ね、そう思わされた。 実は、終…

    (2017年5月25日 02:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  2. 大阪・女性監禁 遺体発見 ヤミ民泊、名簿不要 不明女性、英語堪能
  3. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  4. 学校の今 忙しい先生たち/1 「何でも相談」に追われ 保護者対応が業務圧迫 /群馬
  5. 五輪フィギュア 羽生、宇野ら華麗な舞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです