メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

  • 漫画でAIを考える=鴨志田公男

     人工知能学会の会長を務めた公立はこだて未来大の松原仁教授は「鉄腕アトム」がきっかけで、人工知能(AI)研究の道に進んだ。松原さんはAIを「究極には人間と区別が…

    (2017年3月23日 02:37)

  • 地層に残る地球の歴史=鴨志田公男

     「すべっても+ころんでも=すべて自己責任」 房総半島の里山を走るローカル線、小湊鉄道の月崎駅(千葉県市原市)から、徒歩だと30分ほど。こんな注意書きがある案内…

    (2017年2月23日 02:23)

  • 囲碁界のシンギュラリティー=鴨志田公男

     年末から年始にかけて、これがシンギュラリティー(技術的特異点)なのか、と思わされる出来事があった。 囲碁のネット対局サイトに謎の天才棋士が現れ、世界ランキング…

    (2017年1月26日 02:41)

  • 福島の実像を知るには=鴨志田公男

     福島県沖を震源に強い地震が起きた11月22日早朝、同県いわき市内のホテル11階にいた。その日は東京電力福島第1原発を取材する予定で、前夜から宿泊していたのだ。…

    (2016年12月22日 02:38)

  • ウナギから見える日本の未来=鴨志田公男

     「ニホンウナギは絶滅危惧種になったと言うけれど、スーパーの売り場に大量に並んでいる。そのギャップがなぜ生じるのか分からなくて」 茨城県在住の40代の女性から聞…

    (2016年11月24日 02:12)

  • サンゴの謎を追いかけて=鴨志田公男

     沖縄のサンゴ礁は、世界でも有数の生物多様性を誇る海の「ホットスポット」だ。生息するサンゴは約400種といわれ、世界のサンゴの3割を占めている。 その沖縄で今夏…

    (2016年10月27日 02:14)

  • 西之島上陸のおきて=鴨志田公男

     「行くべきか、行かざるべきか、それが問題だ」。シェークスピア風に言うなら、こうなるのかもしれない。 2013年11月に噴火し、火山活動で面積が10倍以上の約2…

    (2016年9月22日 03:04)

  • 免震が支えた世界遺産=鴨志田公男

     世界文化遺産登録が決まった東京・上野の国立西洋美術館には、見どころが三つあると以前から思っていた。 一つ目はロダンの彫刻や印象派の絵画など充実したコレクション…

    (2016年8月25日 02:31)

  • LEDが招く「光害」=鴨志田公男

     「両国の花火大会(現在の隅田川花火大会)も、(江戸の)昔は、闇があったからこそ、きれいだったはず」 北海道富良野市在住の脚本家、倉本聰さんにそう指摘されて、な…

    (2016年7月28日 02:57)

  • ウナギの保全生態学=鴨志田公男

     そろそろ、ウナギが恋しい季節になってきた。 万葉集には、大伴家持が、夏痩せした友人に「夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ(うなぎをとって食べたらいかが)」…

    (2016年6月23日 02:52)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  2. 安倍昭恵夫人 北九州の講演会で涙「お騒がせしています」
  3. 自民・石破氏 「首相夫人がきちんと真実を述べる場を」
  4. 森友学園 疑惑発覚境に関係冷え メール文面公表
  5. 麻生財務相 野党質問「偉そう」 参院予算委員長が注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです