メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

  • 「人類」こそが外来種=鴨志田公男

     強い毒を持つ南米原産の外来種、ヒアリが日本各地で見つかっている。 刺されると命にかかわることもある。なんとしても、国内への定着は阻止したい。水際対策はまさに正…

    (2017年07月27日 02:03)

  • 天体衝突回避のために=鴨志田公男

     6月30日は国際小惑星の日(アステロイドデー)だ。 昨年12月の国連総会で宣言された、まさに出来たてほやほやの国際デーである。 今から109年前のこの日、ロシ…

    (2017年6月29日 02:03)

  • 「旧陸軍研究所」で考えた=鴨志田公男

     敷地全体が、科学技術の軍事利用を考える上で、とても貴重な歴史の証言者になっている。明治大学生田キャンパス(川崎市多摩区)を先月訪ね、そう思わされた。 実は、終…

    (2017年5月25日 02:32)

  • 宇宙のどこかに生命?=鴨志田公男

     太陽系外に生命はいるのだろうか。天文学最大のテーマの一つに、決着がつく日が近づいているかもしれない。 米航空宇宙局(NASA)などの研究チームは今年2月、みず…

    (2017年4月27日 02:40)

  • 漫画でAIを考える=鴨志田公男

     人工知能学会の会長を務めた公立はこだて未来大の松原仁教授は「鉄腕アトム」がきっかけで、人工知能(AI)研究の道に進んだ。松原さんはAIを「究極には人間と区別が…

    (2017年3月23日 02:37)

  • 地層に残る地球の歴史=鴨志田公男

     「すべっても+ころんでも=すべて自己責任」 房総半島の里山を走るローカル線、小湊鉄道の月崎駅(千葉県市原市)から、徒歩だと30分ほど。こんな注意書きがある案内…

    (2017年2月23日 02:23)

  • 囲碁界のシンギュラリティー=鴨志田公男

     年末から年始にかけて、これがシンギュラリティー(技術的特異点)なのか、と思わされる出来事があった。 囲碁のネット対局サイトに謎の天才棋士が現れ、世界ランキング…

    (2017年1月26日 02:41)

  • 福島の実像を知るには=鴨志田公男

     福島県沖を震源に強い地震が起きた11月22日早朝、同県いわき市内のホテル11階にいた。その日は東京電力福島第1原発を取材する予定で、前夜から宿泊していたのだ。…

    (2016年12月22日 02:38)

  • ウナギから見える日本の未来=鴨志田公男

     「ニホンウナギは絶滅危惧種になったと言うけれど、スーパーの売り場に大量に並んでいる。そのギャップがなぜ生じるのか分からなくて」 茨城県在住の40代の女性から聞…

    (2016年11月24日 02:12)

  • サンゴの謎を追いかけて=鴨志田公男

     沖縄のサンゴ礁は、世界でも有数の生物多様性を誇る海の「ホットスポット」だ。生息するサンゴは約400種といわれ、世界のサンゴの3割を占めている。 その沖縄で今夏…

    (2016年10月27日 02:14)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. しくじり先生 テレ朝の人気バラエティーが今秋終了 3年の歴史に幕
  2. キーパーソンインタビュー アフリカで少数民族を撮る意味 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん
  3. 飛び降り 女子高生2人、パチンコ店屋上から 親友同士、死亡確認 北海道
  4. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
  5. ツイッター 「人を憎まず」オバマ氏に史上最多「いいね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです