メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

  • エンマの願い/31 平和誓った「新憲法」どこへ

     命からがら空襲を逃れ、疎開先でひもじい思いをして生き延びた小林康二さん(78)は終戦の翌年、小学校に上がり、そして中学生になった。希望に燃えていた小林さんを新…

    (2018年08月18日 16:52)

  • エンマの願い/30 戦争世代だからこその思い

     自民党の憲法改正草案をやり玉に挙げた小林康二さん(78)の憲法漫談は、アベさんに真意をただす掛け合いへ展開する。この辺から、漫談というより落語調になっていく。…

    (2018年07月28日 17:52)

  • エンマの願い/29 漫談で市井に問う憲法

     小林康二さん(78)は、落語作家のほかに漫談家の顔を持つ。 6月10日の日曜、小林さんは大阪府吹田市で開かれた女性たちの集まりで舞台に立った。目がさめるような…

    (2018年07月14日 16:37)

  • エンマの願い/28 働き方、業界の“常識”を問う

     NHK記者だった娘の未和さんを過労死で亡くした佐戸恵美子さん(68)の訴えは続く。 「娘はみなし労働制が適用されていたようで、職場の上司の方は私たちに『記者は…

    (2018年06月30日 16:56)

  • エンマの願い/27 癒えることない無念、また

     毎年、父の日の前日に実施されている「過労死110番」の全国一斉電話相談が今年もきょう16日に、32都道府県で開設された。 大阪でスタートした30年前の1988…

    (2018年06月16日 17:25)

  • エンマの願い/26 「悲しい遺族 これ以上」

     過労自殺した夫彰さんの勤務先の和食チェーン店を相手に、民事裁判を起こした寺西笑子さん(69)。のちに「夫を自殺に追い込んだ張本人と思っていた」という当時の社長…

    (2018年06月02日 16:19)

  • エンマの願い/25 実名公表することの意義

     今でこそ、「全国過労死を考える家族の会」の代表として、国の労働政策についても取材を受け、テレビカメラにも堂々と対応している寺西笑子さん(69)だが、夫の彰さん…

    (2018年05月19日 16:33)

  • エンマの願い/24 過労自殺への偏見の中で

     1997年6月、「過労死110番」に電話した寺西笑子さん(69)は、応対してくれた岩城穣弁護士(61)に勧められて、大阪市内の事務所を訪ねた。一人では不安だっ…

    (2018年04月28日 17:02)

  • エンマの願い/23 自分責め、自信なくしても

     夫彰さんを自殺で亡くし、「過労自殺は労災の認定基準がない」と弁護士に言われて、「泣き寝入りしていた」という1年を、寺西笑子さん(69)はこう振り返る。 「私も…

    (2018年04月14日 17:10)

  • エンマの願い/22 後悔と奔走の10年9カ月

     過労死遺族の体験談に涙した笑福亭松枝さん(67)は、気を取り直して会議室にしつらえられた高座に上がった。昨年7月、「全国過労死を考える家族の会」などが開いた学…

    (2018年03月31日 16:59)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです