メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの動物園

  • シロマティーの今後、現地で確かめて

     テナガザルのシロマティーが丸太の上にちょこんと座ってこちらを見ています=写真。これは「お勉強」時間中の様子です。ただ、昨年の夏から勉強に身が入らなくなっていま…

  • 自家製ベッド、成長の証し

     木の枝が折りたたまれた、ふかふかのベッドでチンパンジーの子どもがくつろいでいます=写真。ベッドを作ったニイニは2月12日で5歳。とても上手にベッドを作る母親の…

  • 我らの仲間「6000万年サルの旅」

     レッサースローロリス=写真=は人間と同じ霊長類の仲間です。サイズは手のひらに乗る程度。親指が他の4本の指と向き合う形をしていて、木の枝をしっかり握ることができ…

  • 勉強と「駆け引き」で賢く

     朝9時過ぎ、チンパンジーが勉強部屋でタッチモニターに向かっている姿を見ることができます。ただ、「5人」に対して3台しかモニターがないので、全員が勉強できるわけ…

  • 食べながら賢くなーれ

     午後3時半過ぎになるとゴリラたちは部屋に戻って夕食を食べます。いくつか選べるメニューがあり、一つ目は主食の木の枝や牧草。二つ目は透明樹脂製のパズルボックスに入…

  • ツシマヤマネコ 見られるチャンス

     長崎県の対馬にだけ生息する「ツシマヤマネコ」は一見、家庭のイエネコのように可愛いのですが、野生動物で国の天然記念物です。生息環境の変化で現在は多くても100頭…

  • 夏の夜、珍しい姿にゾクッ

     暑い日が続きますが、夕方になると少し過ごしやすくなります。本来は東南アジアやアフリカの暑い国にいる動物にとっても、京都の暑さはつらいようで、昼間は活発ではあり…

  • 祖国忘れないぞう!

     京都市動物園の4頭の子ゾウは、3年前に東南アジアの国ラオスからやって来ました。すっかり京都の環境に慣れて、ふだんは運動場でめいめいがのんびり過ごしています。6…

  • 「お勉強」の担当は誰でも!?

     京都市動物園のチンパンジーたちの「お勉強」の様子です=写真。2009年から現在まで続いています。お勉強は午前9時ごろから10時ごろまで実施しています。タッチモ…

  • 福祉考え野生を再現

     人々はライオンの運動場で中央につるした麻袋の中に草食動物で使った麦わらを入れ、ライオンに対する「刺激」として用いていました=写真。コロンビアの首都ボゴタ市郊外…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです