メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

映画監督の河瀬直美さんが時代や世界、人々のつながりに思いをはせます。

  • 素直な魂と本物の体験=河瀬直美

     息子の学校ではクラスの親睦を深めるためにレクリエーションを毎年春休みに実施する。今年は奈良県山添村の「冒険の森」という場所へ出かけた。そこは放置された森に大人…

    (2018年05月06日 02:02)

  • アジアで考えた 次にある豊かさ=河瀬直美

     マレーシア国際映画祭に審査員として招かれた。カンヌですれ違ったディレクターは私と同じ年齢くらいの女性で、聞くと資金集めから開催に伴うさまざまなことを一手に担っ…

    (2018年04月01日 02:02)

  • 魂は感じるものだから=河瀬直美

     養母の七回忌があった。あれからもう6年もたつのかと月日の流れの早さを思う。養母は夕飯を食べたあと、最後に「おいしい」という言葉を残してこの世を去った。食いしん…

    (2018年03月04日 02:03)

  • 心に刻んだ記憶 記録する感動=河瀬直美

     いつの頃からか、節分にはおすしの丸かぶりをするという文化がわたしの周りには根付いていた。豆をまき、鬼を払い、自分の年の数よりひとつ多い分の豆を食べる。幼い頃の…

    (2018年02月04日 02:03)

  • 命と人生 自分の手で紡ぐ新年に=河瀬直美

     新しい年が明けた。去年は「光」のカンヌ上映から日本国内公開。また、新作の撮影が初秋と晩秋の2期にわけておこなわれた。その合間にはオペラ演出に初挑戦をして、12…

    (2018年1月7日 02:11)

  • わが町を思うこと 次世代の希望に=河瀬直美

     イランからアイダ・パナハンデという38歳の女性監督が来日して、奈良県は天理市にて映画の撮影をしている。その映画撮影を全面支援しているのが、なら国際映画祭である…

    (2017年12月03日 02:04)

  • オペラ「トスカ」 新解釈に挑戦=河瀬直美

     初めてオペラ演出を手がけた。これは、各地のホールとオーケストラが協力する全国共同制作オペラ事業として今年で6回目を数えるプロジェクトだ。題目はプッチーニの「ト…

    (2017年11月05日 02:06)

  • 見えないものに結ばれて=河瀬直美

     新作映画の撮影を奈良は吉野でおこなった。今回の主演にはフランスの女優ジュリエット・ビノシュさんを起用。今年のカンヌでの出会いから3カ月で撮影に突入できたのは、…

    (2017年10月01日 02:04)

  • 過ぎゆく夏の思い出=河瀬直美

     マカオ国際ドキュメンタリー映画祭に特別ゲストとして招かれ参加した。夏休みということもあり、息子も同行。関西空港から3時間ほどで行ける眠らない街へ向かう。自分自…

    (2017年09月03日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです