メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

季節や流行を取り入れた大人の着こなしを専門家が紹介します。

  • 安さで輝く人工宝石

     天然ダイヤモンドの代替品として、人工宝石に注目が集まっている。天然ダイヤより安価なのが魅力で、ダイヤ原石供給の最大手「デビアス」(本社・英国)が販売を始めたほ…

  • 歩きやすい通勤シューズ 落ち着いた黒を基調に

     健康増進のため、歩きやすい服装での通勤を推奨するスポーツ庁の「ファン・プラス・ウオーク・プロジェクト」が始動して、まもなく2年。ビジネスシューズの選択肢は、革…

  • 古着リサイクル 穴、染み注意 回収後を考えて

     10月も半ば近く、衣替えの季節だ。着なくなった服を地域の古着・古布回収に出す人も多いだろう。収集してもらう際の注意点は? 集められた服はどうなるの? 今さら人…

  • キッズサングラス 格好良く紫外線対策

     夏本番。日差しは強いがアウトドアを楽しみたい季節でもある。紫外線の影響から子どもの目を守るキッズサングラスや虫よけ加工をしたパーカの販売がここ数年で増え、注目…

  • 屋外の暑さ対策 職人技で夏に涼風

     毎夏のように続く記録的な猛暑への対策を重視した衣類が増えている。スポーツウエアや作業服のメーカーは、ノウハウを生かし、相次いで一般向け商品を投入。2020年東…

  • アフリカンプリント 大胆色柄、着こなし多彩に

     大胆な柄や鮮やかな色遣いが目を引く「アフリカンプリント」の服や雑貨が人気だ。種類が豊富な布からお気に入りを選ぶ楽しさがあり、着こなしのアクセントになる。人権や…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです