メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正恩体制のいま

北朝鮮の朝鮮労働党は5月6〜9日に36年ぶりとなる党大会を開催し、本格的な「金正恩(キムジョンウン)時代」のスタートを切った。大会に合わせた4年ぶりの平壌取材などから、今の北朝鮮を報告する。

  • /下 日朝関係 変化の芽

     「日本人と話したい」。平壌市内で荷物検査を受けていると、他国の記者を受け持つ北朝鮮当局者が声をかけてきた。外国メディアの受け入れ組織に所属するこの男性(29)…

  • /中 経済制裁に「自強力」強調

     美白効果のある化粧水やひげそり用のクリーム。宿泊した平壌の羊角島国際ホテルの売店には、北朝鮮国産ブランドの化粧品が数十種類並んでいた。手ごろなクリームは200…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです