メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

  • チベット仏画「タンカ」 菩薩様がクール、直感で購入

     チベット仏画の「タンカ」をご存じだろうか。チベット仏教を信仰する地域で描かれる宗教画だ。東京都八王子市の都庁職員、勝俣靖雄さん(56)が現地で買い求めたタンカ…

    (2018年04月25日 02:05)

  • ミニブタ 賢くてツンデレ、頼れる背中

     芸能人や海外セレブからペットとしての人気が高まっているというミニブタ。思った以上に大きくなるが、賢くて懐きやすく、飼いやすい動物だ。家の中にブタがいる生活って…

    (2018年04月11日 02:02)

  • バスの降車ボタン 押すと点灯、日本的気配り

     バスを降りる時、誰もが一度は押したことがある降車ボタン。実はさまざまな種類があるのをご存じだろうか。降車ボタンに魅せられた横浜市の会社員、石田岳士さん(54)…

    (2018年03月28日 02:03)

  • 顔ハメ看板 撮影は真顔で「敬意」忘れず

     観光地で顔の部分に穴の開いた看板に、自分の顔を出して写真を撮ったことはないだろうか。「顔ハメ看板」や「顔出し看板」と呼ばれている。東京都内に住む会社員の塩谷(…

    (2018年03月14日 02:03)

  • 台湾の「大同電鍋」 レトロでシンプル、奥深い

     台湾では一家に必ず1台はあると言われる電気鍋「大同電鍋」の愛好家が日本国内でも増えている。便利な家電製品が身の回りにあふれる時代、電鍋の何が人々を引きつけるの…

    (2018年02月28日 02:05)

  • 狛犬の拓本2000本 世界に一つだけの「鼻」残す

     一対で置かれて神社や寺院を守っている「狛犬(こまいぬ)」。この狛犬の鼻に魅せられ、2000体以上を紙に写しとったのが吉野忠夫さん(67)だ。魚拓ならぬ「拓狛」…

    (2018年02月14日 02:18)

  • ジャンクション 上からじっくり、形状味わう

     複数の道路が立体的に交差する「ジャンクション」は、車を運転する人にはおなじみの存在だ。何層にも重なり、曲がり、別々の方向に流れていく道路を見て「いったい誰が考…

    (2018年01月31日 02:06)

  • 電柱巡り 個性豊かな「がいし」に愛着

     晴れ渡った青空には電柱が似合う。電線の引き方、変圧器の位置、部品の形など、どれ一つとして同じ電柱などない。だから休みの日は歩く、美しい電柱に出合うために--。…

    (2018年01月17日 02:04)

  • ブッククロッシング 愛読書が世界を旅する

     「世界中を図書館に」。そんなコンセプトで、各地で本を読んでは手放し、顔の見えない読書好きと心で交流する活動があるという。 うっすらと日焼けした文庫本を取り出し…

    (2017年12月27日 02:03)

  • 「ボロ宿」巡り 「手作り」の雰囲気に引かれ

     心ひかれる「ボロ宿」を求め、日本全国を訪ね歩くフリーライターの上明戸聡(かみあきとあきら)さん(57)=東京都中野区。本人も数え切れないほどの古宿に宿泊し、特…

    (2017年12月13日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
  2. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述
  3. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです