メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

  • 送電線用の鉄塔 「触りたい」でも近寄れない

     近寄って見上げると、意外と迫力があるものだなあ。ふだんは、あまり意識していない送電線用の鉄塔。その魅力はいったい何だろう。夢中になってしまった女性に会いに行っ…

    (2018年08月01日 02:04)

  • スリッパ卓球 商店街で、ゆるく真剣に

     晴れ渡った空の下、昔ながらの商店街の一角で、その卓球大会は開かれた。参加者が手にしたのは、スリッパ。いったいなぜ? 実行委員長の工藤圭亮(けいすけ)さん(48…

    (2018年07月18日 02:01)

  • エスカレーター 乗って眺めて世界を巡る

     駅やビルで、ふだん何気なく乗っているエスカレーター。東京都内の会社員、田村美葉(みは)さん(33)はエスカレーターに魅せられ、海外にまで足を運ぶ。なぜなのだろ…

    (2018年06月20日 02:22)

  • 牛乳瓶のふた 直径3センチに詰まる少年の心

     牛乳瓶のふた(紙キャップ)を集めて実に約60年。大学非常勤講師の和田安郎さん(71)=宮城県富谷市=が直径約3センチの円形に寄せる思いは、時がたっても変わらな…

    (2018年06月06日 02:09)

  • 「野菜笛」作り 鮮度が命、最後はおいしく

     子どもの頃に、草花で「笛」を作った人は数知れず。でも、ニンジン、キャベツ、ネギだって音が鳴るって知っていますか。「野菜笛」を奏でて13年。岡山県瀬戸内市の小学…

    (2018年05月23日 02:03)

  • 五輪連覇 羽生結弦選手 一目ぼれ/守ってあげたい

     平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手(23)。仙台市で4月にあったパレードには約10万8000…

    (2018年05月09日 02:02)

  • チベット仏画「タンカ」 菩薩様がクール、直感で購入

     チベット仏画の「タンカ」をご存じだろうか。チベット仏教を信仰する地域で描かれる宗教画だ。東京都八王子市の都庁職員、勝俣靖雄さん(56)が現地で買い求めたタンカ…

    (2018年04月25日 02:05)

  • ミニブタ 賢くてツンデレ、頼れる背中

     芸能人や海外セレブからペットとしての人気が高まっているというミニブタ。思った以上に大きくなるが、賢くて懐きやすく、飼いやすい動物だ。家の中にブタがいる生活って…

    (2018年04月11日 02:02)

  • バスの降車ボタン 押すと点灯、日本的気配り

     バスを降りる時、誰もが一度は押したことがある降車ボタン。実はさまざまな種類があるのをご存じだろうか。降車ボタンに魅せられた横浜市の会社員、石田岳士さん(54)…

    (2018年03月28日 02:03)

  • 顔ハメ看板 撮影は真顔で「敬意」忘れず

     観光地で顔の部分に穴の開いた看板に、自分の顔を出して写真を撮ったことはないだろうか。「顔ハメ看板」や「顔出し看板」と呼ばれている。東京都内に住む会社員の塩谷(…

    (2018年03月14日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです