メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「脱いじめ」の現在

「息子が今、生きている子供たちのために命がけで作った法律」。いじめ防止対策推進法が成立した13年6月21日、大津市で自殺した生徒の父親は涙ながらに語った。今月11日で自殺から5年を迎える。だが、毎日新聞の取材では同法成立後も全国で少なくとも14人の児童生徒がいじめを受けて自殺し、「疑い」も含めると26人に達する。悲劇を防ぐのに何が足りないのか。現場の声を交えて考える。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立てこもり 50代男を逮捕 9時間後、説得に応じず突入
  2. 日本遺産 萩往還は不認定 申請の3市落胆 /山口
  3. 福岡市 大きな虹、夕暮れ時に出現
  4. ペン習字 「日ペンの美子ちゃん」完全復活 受講者3割増
  5. 仙台・中2自殺 会見中アンケ確認 市、一転いじめ示唆 他の生徒「複数で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです