メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

芥川賞作家、小野正嗣さんの小説「踏み跡にたたずんで」がスタート。月1回、原則として第4土曜日に掲載します。

  • つぼみ=小野正嗣

     島に暮らす作家に会いに行った。 飛行機で同じ列の席には、そろってふくよかというか、体格のよい女性がふたりいた。仲がよいようでずっと喋(しゃべ)っていた。 これ…

  • 雪の上に=小野正嗣

     雪の上に落ちていたのは? 思い出そうとするが、それが絵で見た光景だったのか、あるいは小説の一場面だったのか、雪に道を見失ったかのように記憶は身動きがとれなくな…

  • 日の出=小野正嗣

     あらゆるものの輪郭がおぼろになっていく、とベス姉がため息まじりに漏らし、彼女に背負われていたベスが、賛同するように、くううんと鼻を鳴らした。 ベス姉は10年近…

  • 壁と壁=小野正嗣

     壁に近づくと危ないとはささやかれていたけれど、理由については聞かされていなかった。 太陽は天頂に達し、研ぎ澄まされた鋭い光が、古いセメントブロックの壁の表面に…

  • 黒い羽根のある沈黙=小野正嗣

     カラスたちが舞う。荒れ狂う大波のような風が次々と襲ってくる。飲み込まれまい、溺れまいとあがくことが飛ぶことの同義となる。 だから、カラスたちはみずからの意志で…

  • 乳白色の吐息=小野正嗣

     乳白色の吐息が、よくこねたパン生地のように、ねじられ、ひきちぎられる。 驚いたことに、ひとつひとつ、一体の人間や群像に変化する。そうかと思えば、不意に誰かの顔…

  • 動物園、じゃねーし=小野正嗣

     どうして多くの人たちが集まるかというと、もちろん、そこに愛らしかったり、美しかったり、たくましかったり、哀れを誘ったりするいかなる動物がいるからでもないようだ…

  • 石たちのあいだで=小野正嗣

     半世紀ほど前に亡くなった彫刻家のアトリエをそのまま公開しているという美術館は、ずいぶんとわかりにくいところにあった。 駐車場からも遠かった。どうしてそんなとこ…

  • 詩と診療所=小野正嗣

     ある詩人について調査旅行をしていたときの話だ。 詩人が幼年期を過ごした町を訪れた。彼女はそこで2歳から10歳まで老夫婦のもとで育てられた。彼女はその老父婦が自…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです