メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女は死なない

  • 息子ってヤツは

    室井 佑月/著 毎日新聞出版刊/定価:本体1400円(税別)
    「息子には、生きる意味や自分の居場所を見つけてほしい」――。そんな母の願いからはじまった、母子二人三脚による中学受験という闘い。母は、勉強嫌いな息子をいかに受験合格に導いたのか? 著者がひたむきな母親の素顔を覗かせた、8年ぶり注目の新刊。愛と葛藤の日々を赤裸々に綴る、私小説のような子育てエッセー。

  • 第7回 女の自立=室井佑月

     安倍晋三首相が「女性が輝く社会」と謳いだしてから、専業主婦への風当たりが強くなったような気がする。女も自立すべきだ、女も外に出て働くべきだ、という声が増えた?…

    (2017年05月10日 18:24)

  • 第6回 男の優しさ=室井佑月

    「あの人、男好きよね」という悪口がある。あたしはこの悪口の意味がわからない。  ふつう女は男が好きでしょ。いいや、嫌いな男もいるから、人間として好きか嫌いかなの…

    (2017年04月04日 09:00)

  • 第5回 ややこしくない人付き合いについて=室井佑月

     人付き合いにおいて、大事なことは距離感だと思う。節度といってもいいかもしれない。 相手が異性であっても同性であっても、はじめは「この人、好ましい」と思い合って…

    (2017年03月09日 12:10)

  • 第4回 復讐のバレンタイン=室井佑月

     バレンタインデー。 女性が好意の証しとして、男性にチョコレートを渡す。たくさんもらう男性もいれば、まったくもらえない男性もいる。 あたしは仕事関係者など、毎年…

    (2017年02月06日 17:55)

  • 第3回 恋がすべて=室井佑月

     あけましておめでとうございます。 2017年は元旦が日曜なのですね。おかげで外に出るレギュラー番組の仕事などは普段どおり。12月30日まで働いて1月4日からま…

    (2017年01月12日 10:57)

  • 第2回 アクセサリ女=室井佑月

     中高一貫校に息子が入学し、はじめて行われた学校のPTAの会合で、出席者はまわりの人間に挨拶がてらまず、自分がどの子の母親であるかを話した。  そして一部の人間…

    (2016年12月12日 15:38)

  • 第1回 女は死なない=室井佑月

     女性誌で取材を受け、よく聞かれることは、 「室井さんは、女性として幸せに生きていますか」 というものだったりする。 この質問、何回くらいされただろう。たぶん、…

    (2016年11月04日 10:53)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  3. 船橋市 公園でのボール遊び解禁に向け再試行
  4. 高齢ドライバー 死亡事故、年400件超 踏み間違いなど
  5. コンゴ 「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです