メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

  • 五輪で日本どう変える=渡辺守成

     (題字は自筆) 今年1月に国際体操連盟(FIG)の会長に就任し、既に29カ国・地域を訪問しました。私も想像していなかったのですが、多くの国で首相や大統領、スポ…

    (2017年08月30日 02:37)

  • 新しい競技に可能性=渡辺守成

     (題字は自筆) 2020年東京五輪の体操の新種目としてパルクールを国際オリンピック委員会(IOC)に提案しました。パルクールはフランス発祥で、壁や障害物などの…

    (2017年06月21日 03:23)

  • 暴力、セクハラを撲滅=渡辺守成

     (題字は自筆) 米メディアが昨年12月に報じた米国体操女子の性的暴行被害は世界の体操界を震撼(しんかん)させた。被害が少なくとも368選手にも広がっていたとい…

    (2017年4月19日 03:33)

  • 新たな「家族」迎えたい=渡辺守成

     (題字は自筆) 昨年11月、国際オリンピック委員会(IOC)から初めてスイス・ローザンヌにある本部に招待されました。国際競技団体(IF)とのフォーラム開幕を翌…

    (2017年2月16日 02:23)

  • 体操をサッカーにする=渡辺守成

     (題字は自筆) 来年1月に国際体操連盟(FIG)の会長に就任します。競技実績もなく「縁の下」で働くことを誇りにしてきた私がなぜ表舞台に出ることになったのか。出…

    (2016年12月14日 03:08)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転 横行 摘発、昨年は7625件 遭遇したら警察に通報、車内待機
  2. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
  3. 要望書 「別府の七不思議」 最重要交差点に横断歩道を
  4. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
  5. えらぼーと解析 自民は支持者との一致度68%に 初公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです