メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート・25年目のJ

1993年のJリーグ初年度から数えて25年目のシーズンが25日、開幕する。今季のJ1は理念強化配分金などの増額を受けて、選手の移籍が活発化した。大物選手の加入、優勝候補、J1復帰組など注目クラブを紹介する。

  • 浦和 「リーグ優勝はノルマ」

     昨季はルヴァン杯のタイトルを獲得したが、リーグ戦は年間勝ち点1位ながら、チャンピオンシップ決勝で同3位の鹿島に逆転負けし、目前の優勝を逃した。今季は派手さはな…

    (2017年2月22日 17:28)

  • /7止 浦和 攻撃に厚み、王座奪還へ

     昨季はルヴァン杯のタイトルを獲得したが、リーグ戦は年間勝ち点1位ながら、チャンピオンシップ決勝で同3位の鹿島に逆転負けし、目前の優勝を逃した。今季は派手さはな…

    (2017年02月22日 03:29)

  • /6 鳥栖 命運握る欧州から復帰組

     過去2年、2桁順位で終えた鳥栖が初タイトルへ「本気度」を示す補強をした。その中心と期待されるのが欧州から復帰したFW小野裕二(24)とGK権田修一(27)だ。…

    (2017年02月21日 03:09)

  • /5 磐田 名門復活へ俊輔の刺激

     試合開始早々、MF中村俊輔(38)が中央から左足でシュートを放った。わずかにゴール上に外れたが威力は十分。その後は左から精度の高いクロスをたびたび送った。 5…

    (2017年2月20日 15:57)

  • /5 磐田 中村加入で空気一変

     試合開始早々、MF中村俊輔(38)が中央から左足でシュートを放った。わずかにゴール上に外れたが威力は十分。その後は左から精度の高いクロスをたびたび送った。 5…

    (2017年02月20日 02:04)

  • /4 セ大阪 規律設け守備再建

     1月中旬、まだ日も昇らない午前6時50分。月明かりが照らす大阪市内のグラウンドにセ大阪の選手が次々と現れた。3季ぶりのJ1に向けた船出は、3部練習という過酷な…

    (2017年02月19日 02:34)

  • /3 FC東京 大久保加入、刺激に

     「いい選手がそろっていてもうまくいかないことはある。このチームはもっと激しさ、ずるがしこさが大事になる」。先月のチーム始動日、川崎から加入した元日本代表FW大…

    (2017年02月18日 02:53)

  • /2 札幌 堅守速攻、再び挑む

     J2からは4度目の昇格で5季ぶりにJ1で戦う札幌が、過去に残留を果たせたのは2001年のみ。15年途中から指揮する四方田修平監督(43)は「コンサドーレがJ1…

    (2017年02月17日 02:38)

  • /1 鹿島 黄金期再来目指し

     狙うは全タイトル奪取。昨季リーグ戦と天皇杯全日本選手権の2冠に輝いた鹿島が設定する目標は限りなく高い。リーグ戦、天皇杯、ナビスコ杯(現ルヴァン杯)の3冠を達成…

    (2017年02月16日 02:55)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
  2. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  4. ブラック彼氏 自分の仕事を熱く語る男はモラハラ系かも…見抜くポイントや対処法、弁護士が指南
  5. 日産 新車販売を一時停止 検査不備、全工場6万台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです